• 育児・子育て
  • しつけ・教育

子どもの「なぜ?どうして?」攻撃はなぜ起こるのか?!

子どもが2、3歳ごろになると「なぜ?どうして?」と質問してくることが多くなります。生まれてからまだ数年。話し始めたばかりだから、知らないことがたくさんあることはわかりますが・・いったいなぜそれほどまでに質問を繰り返すのでしょうか?

子どもが2、3歳ごろになると「なぜ?どうして?」と質問してくることが多くなります。生まれてからまだ数年。話し始めたばかりだから、知らないことがたくさんあることはわかりますが・・いったいなぜそれほどまでに質問を繰り返すのでしょうか?

子どもの「なぜ?どうして?」攻撃は健やかに成長している証

「なぜ?どうして?」は子どもの興味・知的好奇心の現れ

子どもが「なぜ?どうして?」と質問を連発する時期は、心理学では「質問期」と呼ばれます。年齢はおよそ2歳から5、6歳ごろまでです。この時期は子どもの知的好奇心が著しく伸びる時期でもあります。子どもの年齢や発達によって「なぜ?どうして?」の意図は異なります。

遊びの中で言葉を発したり会話を試みたりするようになり、身近な大人とのやりとりが増えていくのが、2歳ごろです。「なぜ?どうして?」も、その一つですが、理由を知りたいというよりも、パパやママが答えを返してくれるのを楽しむ側面があります。

覚えたばかりの「なぜ?どうして?」という言葉を駆使して、パパやママとのコミュニケーションを楽しんでいるのです。

語彙が増え理解力がアップすると更に「なぜ?どうして?」が生まれる

3歳ごろになると理解できる語彙が大きく増えていくことで、知的な興味関心が高まり「なぜ?どうして?」と盛んに質問するようになります。「なぜ?どうして?」と周りの大人に問いかけるのも好奇心や探究心からです。返答しても「なぜ?」がエンドレスに繰り出され、いっそう親の根気強さが問われる時期でもあります。

更に理解力がついてくるのが4〜5歳ごろ。5歳を過ぎる頃には因果関係についても理解しはじめます。自分なりに考え、納得がいく理由を元に判断するようになります。「なぜ?どうして?」と尋ねることが増えてくるのは、自分が「なるほど!」と思える説明を求めるから。

どれも子どもの素朴な疑問や関心の現れ。大切にしていきたいものです。

子どもは疑問の泉!止まらないことを楽しもう!

「なぜ?どうして?」は子どもに知的好奇心が育まれているという証です。答えるのが大変なこともありますが、その疑問を楽しんでいきたいですよね!では・・・その受け答え方のコツは・・・また次回!