• 遊び
  • お出かけ

パパも活躍!子連れ旅行~旅程の組み方篇~

子連れ旅行では、旅のスケジュールの立て方も、大人だけで行く旅行とは違うもの。特に、旅行につきものである移動時間などは、子連れ旅行では注意が必要。予期せぬアクシデントなどで旅行中に慌てないように、いくつかの注意点も併せて紹介します。

子連れ旅行では、旅のスケジュールの立て方も、大人だけで行く旅行とは違うもの。特に、旅行につきものである移動時間などは、子連れ旅行では注意が必要。予期せぬアクシデントなどで旅行中に慌てないように、いくつかの注意点も併せて紹介します。

【年齢別】旅程を組むポイント

休憩タイミング

移動中にとる休憩時間は、少なくとも30分は見るようにするのがおすすめ。子どものおむつ替えなどをしていると、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

車移動の場合は、1時間半から2時間以内に1回休憩を入れられるよう、道の駅やサービスエリア、パーキングエリアをチェックしておきましょう。トイレ休憩という意味だけでなく、移動中に子どもが飽きないようにするための工夫でもあります。

電車移動の場合は、乗り換えタイミングで休憩するように余裕を持っておきます。電車の中にはトイレがない場合もあるので注意しましょう。飛行機の場合も、飛行機から降りた後、トイレ休憩のために時間を取っておくと安心です。

移動距離

せっかく旅行に行くのだから遠出したい、と思うかもしれませんが、子どもが小さいうちは、移動だけでもかなりの体力が奪われます。子どもに大きな負担をかけない範囲の移動距離で旅程を組みましょう。

3時間以内を目安にした移動距離なら、親子ともに負担は少なくなります。平均的に4歳以上になれば子どもは落ち着いてくるため、休憩を途中で挟みながら、少しずつ長い移動距離に挑戦してみましょう。

旅行を安全に楽しむための注意事項

旅行先の医療機関は事前確認を!熱中症も注意

旅行先で急に子どもが発熱するなど、困った事態に陥る可能性はゼロではありません。そのようなときでも慌てないために、現地の医療機関がどこにあるかは事前に必ず確認しておきましょう。

また、特に暑い時期の旅行は、熱中症や脱水症になる可能性があります。水分のこまめな摂取を忘れず、たとえ短時間でも子どもだけを車に置いて外に出ることのないようにしてください。

家族を気遣った旅程が楽しい家族旅行につながる

楽しい旅行の思い出は、子どもにとって一生の宝です。日ごろ忙しいパパやママにとっても、家族全員とじっくり向き合え、いつもとは違う子どもの様子を見られる絶好の機会です。ママや子どもを気遣った旅程を組み、ゆったりとした気持ちで家族旅行を楽しみましょう。

【関連サイト(情報引用・参照元サイト名・URL)】
赤ちゃんとの旅行はいつから?持ち物は?旅行のプロがアドバイス!
子連れ旅のワンポイントアドバイス / こどもといっしょ|近畿日本ツーリスト