• 遊び
  • 子どもの遊び

運動が苦手なパパでも大丈夫!スケートボードを教えるコツ

2020年に開かれる東京オリンピック。ワクワクしますよね~。そして、世の中的にもスポーツの機運が高まっている中、我が子にも未来のオリンピック選手になってほしい!と思うパパやママもいるでしょう。今回はそんな中でも、今回は2020年より新たに競技に加わることで注目を集めているスケートボードに注目。元プロスケーターであり新横浜公園スケボー広場で子ども向けのスクールのインストラクターもしている株式会社Chees(チース)代表の北島宗和さんに、子どもにスケートボードを教えるときのコツを教えてもらいました。

2020年に開かれる東京オリンピック。ワクワクしますよね~。そして、世の中的にもスポーツの機運が高まっている中、我が子にも未来のオリンピック選手になってほしい!と思うパパやママもいるでしょう。今回はそんな中でも、今回は2020年より新たに競技に加わることで注目を集めているスケートボードに注目。元プロスケーターであり新横浜公園スケボー広場で子ども向けのスクールのインストラクターもしている株式会社Chees(チース)代表の北島宗和さんに、子どもにスケートボードを教えるときのコツを教えてもらいました。

まずは“心”を動かすこと


子どもがスケートボードに興味を持った時に大事にしてほしいのは、子ども自身の心を動かすことです。
スケートボードは自分で地面を蹴って動かす、プッシュという動きをしないと進みません。このときにちゃんと心が動いていないと危ないんです。怖がっていたり、躊躇していると腰が引けて安定しません。そういう状況の時に親が「やりなよ」とか「こうやるんだよ」と言っても、なかなか心が動かない。そして心と体がバラバラだからうまく乗れなくて転ぶ、痛い、もうやりたくない、一番良くない流れですよね。大事なのはとにかく心を動かすことです。

僕たちがスクールをしている中で一番大切にしていることは、同世代の子どもたちと一緒にやる環境を提供することです。周りを見ると「すごいうまい!」とか「自分よりうまくていいな」とか子どもたちの心にも様々な変化が出ます。その中から「あの子みたいにうまくなりたい」とかそういう思いが出てくると、一気に上手になります。自分からやろうとしているからです。

まずはとにかく滑ることから


始めたばかりの小さな子どもに関して言えば、スケートボードができるパパもできないパパもサポートしてあげることは同じです。それはとにかくスケボーで自由に走らせてあげること。体感ですね。

ジャンプやトリックといったことを教えるのは難易度が高いですが、それ以前に、もっとも大事なことがスケートボードで走ること。これが全ての基礎になります。僕がアメリカに留学していた時、スケートボードパークにいる小さい子どもたち(4〜6歳)を見て驚いたことは、板に乗れていてスピードが速い。そのスピードを使ってジャンプするんですよね。その子達が成長して脚力がつくと基礎が出来上ているので、急激に成長するんです。脚力がない子どもはオーリーというジャンプをはじめとするトリックよりも、スケートボードを乗りこなし、乗り倒すこと。やっぱり基本が一番大切なんですよね。

この基礎となるバランス感覚を身につけるのに有利なのが5歳から9歳のゴールデンエイジと呼ばれる時期と言われているので、最初から難しいセクションに挑戦させたりすることはなくて、ただただ自由にスケートボードで走っているのを見守ってあげてください。もちろんヘルメットやサポーターとかは忘れずに、安全には注意してあげてくださいね。