• 育児・子育て
  • 不安

【アドラー】我が子の劣等感と上手に付き合う方法

誰にでも一つや二つは劣等感があるものです。大人であれば、なんとかうまく付き合っていくことはできますが、子どもだとなかなか。アドラー心理学の熊野先生、そんな我が子の劣等感について親としてはどうすればいいのでしょうか?

誰にでも一つや二つは劣等感があるものです。大人であれば、なんとかうまく付き合っていくことはできますが、子どもだとなかなか。アドラー心理学の熊野先生、そんな我が子の劣等感について親としてはどうすればいいのでしょうか?

相談

この春、年長になった娘はとても身長が低いです。小さいときには、本人も友達もあまり気にしていなかったのですが、最近、背が低いことを意識するようになり「私はなんで背大きくならないの?」と寂しそうに聞いてきます。今後、どう対応したら良いでしょうか?

回答

劣等コンプレックスを持つ人はたくさんいる

我が子からの寂しそうな質問。親としては本当に辛いところだと思います。

私が研究し、皆さんにお伝えしているアドラー心理学の創設者、アルフレッド・アドラー自身も、くる病という病気を持ち、160cmに満たない小柄な身体に対する劣等感を、自身の心理学の中心的な柱として捉えました。

アドラーは当初、劣等感を“他者との比較において、劣る自分”に対する感情と捉えました。そこには、いわゆる身体の障害のように客観的に判別できるものや、私はバカだ、とか、私はブサイクだ、とか、あくまでも相対的で一面的な思い込みにすぎない主観的な劣等感、あるいは、自分自身のことではない環境(例:家が貧しい、とか、親が犯罪者だ、など)に対するネガティブな感情もあると整理しました。

そして、こうした事柄に対して、ネガティブな感情を選択し、非建設的で破壊的な行動をとることを“劣等コンプレックス”と呼びました。つまり、「僕は、もともと障害があるから、僕の人生はどうにもならない、いつも無実の被害者として、ひねくれて生きていこう」と決意したり、「私はブスだから、どうせモテない。もう一生独身でいれば良いんだ!」と拗ねた態度をとったり、「こんな貧しい家に生まれた僕は、結局、金持ちになるための教育も受けられず、給与レベルの低い仕事をして、貧困を引き継いで行くんだ」と決めつけたりすることを言います。

絵本を読んであげることがオススメ!

一方、アドラーはたくさんの劣等感を有するクライアントと接するうちに、一方ではかなり多くの人が、劣等感を感じる事象を、むしろ健全な成長のバネとして捉え直し、それを補償するために、より多くの努力をして、普通の人よりも秀でる存在になっていることを発見しました。つまり、劣等感を持っているものも、本人がどのように捉えるか次第で、当事者の人生にプラスに作用することは大いにありうるという事を見つけたのです。

実際、サッカー選手としては背が小さいマラドーナが世界有数のプレイヤーになったり、裕福とは言えない環境に産まれた孫正義さんが日本有数の事業家として成功したりするなど、劣等感をバネにして秀でた業績を作った人は枚挙にいとまがありません。

アドラー心理学では、「自分は自分の人生の脚本家であり、主人公。自分で自分の人生をデザインすることができる」と考えます。これを「自己決定性」と言います。

問題はそういう感覚を親としてどう伝えるか?
小さい子にオススメなのは絵本を読んであげることです。

イソップ童話や日本の民話など、絵本の名作には、自分のありのままを受け入れ、前向きに活躍していくようなテーマの名作がたくさんあります。くすのきしげのりさんの「ええところ」などダイレクトにそういうことを伝えるものもあります。そうした物語を共に楽しみながら、娘さん自身が、自分で自分の容姿を建設的に捉えられるようにサポートしてみてはどうでしょうか?

くれぐれも、娘さんを「かわいそうな人」として同情目線で捉えることの無いよう、ご留意を。繰り返しお伝えしている通り、親の役割は、子どもを上から目線で操作することではなく、ヨコから目線で、対等な人として共感的に関わること。どんな気持ちなのかを、ジャッジせずにゆっくりと受け止めた上で、「こんな絵本があるけど、一緒に読んでみる?
○○ちゃんの気落ちに、ぴったりかもよ!」と、お誘いしてみましょう