• 住まい
  • 料理

勘違いしている人が多い!?お米の研ぎ方

実りの秋!スーパーには新米が出回ってきましたが、ちゃんとしたお米の研ぎ方って知ってますか?実は意外と勘違いしている人が多いんだそうです。今回は東京、原宿の老舗小池精米店の五ツ星お米マイスター小池理雄さんに伺いました!

実りの秋!スーパーには新米が出回ってきましたが、ちゃんとしたお米の研ぎ方って知ってますか?実は意外と勘違いしている人が多いんだそうです。今回は東京、原宿の老舗小池精米店の五ツ星お米マイスター小池理雄さんに伺いました!

家庭科で習った方法はもう古い!

小学校の家庭科の授業でも習うことなのでおそらくお米の研ぎ方がまったくわからないという人は少ないと思います。でも、その習ったお米の研ぎ方も、今はちょっと違うということをお伝えします。

おそらく、その時習ったポイントは・・・

➀手のひらの腹の部分を使って力強く研ぐ
➁お米のとぎ汁が透明になるまで研ぐ
おいしいお米を炊くためにはどちらも間違っています。

大きな違いは2つ。お米の品種と精米技術です。

最近は、お米の質が柔らかい品種が増えています。昔のように力を入れて研ぐとお米が傷ついて炊いたときに割れてしまう可能性があります。精米技術が高くなったことで、そもそもお米を研ぐ目的である余分な糠(ぬか)を取る必要がほとんどないのです。極端なことを言うと、今、普通に売っているお米は無洗米でなくても研がずに炊いて違和感なく食べることができるほどです。

ポイントは研ぎすぎないこと

では、どんな研ぎ方がいいのか?

まず、お米を水に浸けたら手のひらを使わずに指を開いた状態で指先から中に入れてぐるぐると軽く数回かき混ぜるだけ。これを、水を取り替えながら2,3回行うだけでOKです。取り替えた水は透明にならなくても大丈夫です。むしろ透明になるまで繰り返すとお米の旨味もなくなってしまいます。

慣れていない人はとぎ汁を捨てるときにお米をこぼしてしまいがちなのでザルの中で研ぐと水が取り替えやすくて便利ですが、ザルなどを選ぶ時は金属製ではなくて、プラスチック製の方がお米を傷めないのでオススメ。

また、研ぐときは水をたくさんいれずにギリギリお米が浸るくらいにすると、お米同士がこすれるのでより優しく研ぐことができます。

改めてポイントは、炊いたときにお米が割れないようにとにかくやさしく、研ぎすぎないことです。おいしいご飯を食べるためには、ぜひ男らしい力強さを見せようとしないで優しさを前面に出すようにしてください。

<小池精米店>
http://www.komeya.biz/