• 住まい
  • グッズ

パパのオシャレ心をくすぐるクールなチャイルドシート3選

ドライブやおでかけ好きのパパにとって子どもが産まれたら必要となる「チャイルドシート」。今回はたくさん種類がある中で、特にデザインにこだわりがあるパパがきっと欲しくなってしまうクールなチャイルドシートを(一社)日本交通安全教育普及協会認定チャイルドシート指導員である、加藤久美子さんに教えてもらいました!

ドライブやおでかけ好きのパパにとって子どもが産まれたら必要となる「チャイルドシート」。今回はたくさん種類がある中で、特にデザインにこだわりがあるパパがきっと欲しくなってしまうクールなチャイルドシートを(一社)日本交通安全教育普及協会認定チャイルドシート指導員である、加藤久美子さんに教えてもらいました!

チャイルドシートは義務なのです。

まず、生まれてすぐの赤ちゃんから6歳未満の子どもを車に乗せるとき、道路交通法により、チャイルドシートを取り付けて乗せることが義務づけられています。(6歳を過ぎて車のシートベルトが正しく使える身長150cmまではジュニアシートを使います) チャイルドシートは、使用する時期により、乳児専用タイプ、乳児・幼児兼用タイプ、学童用のジュニアシートなど、いくつかのタイプに分かれています。

この二つはしっかりおさえておきましょう。

今回は、未就学児をお持ちのパパコミ世代ということで、乳児・幼児兼用タイプのものの中からとにかくクールなデザインのものをセレクトしました。

デザインだけでなく安全性も抜群!

かつては日本製チャイルドシートのOEMという形で様々なメーカーのチャイルドシートを作ってきたレカロのキッズシリーズ。現在はすべて自社開発製品となっています。とにかくカッコイイデザインでパパ人気が最も高いブランドの一つです。最新の安全基準R129i-Sizeをクリアしていて“高級スポーツシートブランド”の名に恥じない、高い安全性を誇っています。

我が子をフェラーリに乗せたい!

もはや説明の必要はないでしょう。あのフェラーリのライセンスを取得しているチャイルドシートがあるのです!伝統の赤を基調としていて、おなじみのエンブレムもしっかり装着。特に車が好きなパパにとってはたまらないアイテムではないでしょうか?ベルト固定式なのでかなり幅広い車種に対応しています。もちろんフェラーリ以外でもOKです。ちなみにこちら数量限定です。

ベンツも認めた安全性!

メルセデス・ベンツをはじめ、多くの自動車メーカーが純正チャイルドシートに採用する圧倒的な信頼性と安全性を誇るドイツブランド、ブリタックスレーマーのチャイルドシートです。

最新の安全基準R129i-Sizeをクリアしており、側面からの衝突にも対応しているのが素晴らしい!またカラーバリエーションが豊富なので、車のボディカラーや内装色に合わせて選べるのも良いところです。

しかも!ベビーカーとのドッキングも可能で、車から降ろしてベビーキャリーやロッキングチェアとして使うこともできるので非常に便利です!

今のチャイルドシートは安全性が高いものがたくさんあるので、デザインにこだわってみてもいいのではないでしょうか?

レカロキッズシリーズ
https://www.recaro-kids.jp/

https://www.recaro-kids.jp/チャイルドシート.html

フェラーリ公式チャイルドシート(スクーデリアフェラーリブランド)
http://danar.thebase.in/

ブリタックスレーマー
https://www.britax.jp/products/childseat/babysafe_i-size.html