• 住まい
  • 行事

みんな初めて!お食い初めってどうやるの?

子どもが産まれると、それまではほとんど触れることがなかった行事に出会うことがあります。生後100日くらいに「一生食べ物に困らないように」という願いを込めてごちそうを食べさせるまねをする儀式「お食い初め」はその代表格。地域によって多少異なるようですが、今回はお食い初めの一般的なやり方まとめてみました。

子どもが産まれると、それまではほとんど触れることがなかった行事に出会うことがあります。生後100日くらいに「一生食べ物に困らないように」という願いを込めてごちそうを食べさせるまねをする儀式「お食い初め」はその代表格。地域によって多少異なるようですが、今回はお食い初めの一般的なやり方まとめてみました。

用意するモノは?

まず、用意するモノを整理してみましょう。
*一汁三菜の料理
 赤飯、尾頭付きの鯛、煮物、お吸い物、香の物というセットが一般的です。
*漆塗りのお椀など
 男の子は赤、女の子は黒のお椀や食器を用意します。塗り物の新品がいいとされますが高額なので市販されている簡易的なセットでもいいでしょう。
*祝い箸
 おせち料理を食べるときなどに使う両端が細くなっている丸箸。縁起がいいものとされているこのお箸を使います。
*歯固めの石
 丈夫な歯が生えるように願うために使います。近くの神社などでもらってくるのが一般的です。使うときはよく洗って清潔にしましょう。

まだ食べられないんじゃないの?

はい。生後100日頃となると、まだ離乳食も始まっていないわけで、実際には食べられません。なので、お箸で赤ちゃんの口元に運んで食べるマネをさせるだけです。

このとき、食べさせる役をするのは「養い親」と言いますが、長寿にあやかるという意味でその場にいる一番の年長者が行うのが一般的。男の子には男性の年長者、女の子には女性の年長者。養い親が膝の上に乗せて食べ物をつかみ赤ちゃんの口元にちょんちょんとつけて食べさせるマネをします。

食べさせる順番にもルールがあります。
①赤飯
②お吸い物
③赤飯
④魚(ここで煮物を入れる場合も)
⑤赤飯
基本的にはこれを3セット繰り返しますが、赤ちゃんが嫌がる場合は出来る範囲で構いません。

それが終わったら、最後は「歯固めの儀式」。
こちらは、口元に石を運ぶのではなく、一度石をつまんで離した箸で歯茎の辺りにちょんちょんとつけるだけです。回数については特に決まりはありません。

最近では便利なモノもあります!

もともとは親戚を呼んで自宅で行うことが多かった儀式ですが、レストランやホテルなどには「お食い初め会食プラン」があることも。またお食い初めに必要なモノがセットになった「お食い初めセット」の通販もあります。さらに写真スタジオには「お食い初め撮影コース」もあります。

全部を用意するのはなかなか大変なので、そういったものを利用するのも一つの手。いずれにしても生後100日頃のかわいい盛りのイベントなので、みんなで楽しんでください!