• 住まい
  • 行事

抑えておきたい!七五三の基礎知識

11月の行事といえば「七五三」どこで記念写真を撮ろうか?いつやろうか?などなどいろいろと計画が必要です。でも、その前にまず、知っておきたいのは、そもそも七五三の基本ってなんだっけ?というところです。今回はこれから七五三を迎えるあなたに基礎知識をまとめてみました。

11月の行事といえば「七五三」どこで記念写真を撮ろうか?いつやろうか?などなどいろいろと計画が必要です。でも、その前にまず、知っておきたいのは、そもそも七五三の基本ってなんだっけ?というところです。今回はこれから七五三を迎えるあなたに基礎知識をまとめてみました。

そもそもなんのための七五三?

七五三は元々、宮中や公家、つまり位の高い人たちのお祝い事がルーツ。三歳の「髪置き」、五歳の「袴着」、七歳の「帯解き」のお祝いという三つです。これが庶民の間に広がって、しかも「七五三」と呼ばれるようになったのは明治時代以降だと言われています。

それぞれの年齢で成長を祝ったのは、かつて医療が発達していなかった頃は子どもの死亡率が高かったからです。今では当たり前のことかもしれませんが、そこまで育ったということは本当に喜ぶべきことだったわけです。

では、やるのはいつ?どこで?

まず日付で言えば、11月15日。ルーツとなっているのは平安時代に行われていた五歳のお祝いで初めて袴を着る「袴着」で、室町時代に11月15日と決められたことにあります。

そして年齢ですが、女の子は三歳と七歳。男の子は五歳。この辺りはさすがに知っていると思いますが、ただし、正式には数え年となります。これは毎年1月1日に年を重ねる計算で、今の満年齢とは違います。かつての日本ではこの数え方が主流だったので、それが基本となっています。

お祝いをするのは住んでいるところから近くにある神社。いわゆる土地の守り神である氏神様のところになります。つまり、どこでやるかは基本的には選ぶものではないということですね。

今の時代の現実はどうなのか?

このように基本はきっちり決まっているのですが、今は少し変わってきているようです。

例えば日程も11月15日が平日だと家族でお祝いをするのが難しいことが多いので、その前後の週末にすることがほとんど。多くの神社ではだいたい前後2週間くらいで七五三詣でを受け付けています。(神社によって違います)さらに七五三の記念撮影に関しては時期が違うタイミングで撮る「早撮り」が格安に設定されるケースが多いので、それを利用する人も増えています。

またお祝いをする年齢についても、満年齢でお祝いする人がほとんど。特に三歳のお祝いは数え年だとほとんどが二歳の時になり、幼すぎる印象があったり、長い時間着物を着て過ごすのが難しかったりするので三歳になってから行うことが多いそうです。

古くから伝わる風習なので基本に忠実に行うのもいいですが、あくまで我が子の成長をみんなでお祝いすることが目的なので、時代とともに環境も変わった中で、やりやすいようにアレンジしてもいいのかもしれませんね。