• 育児・子育て
  • しつけ・教育

恥ずかしくても大丈夫!プロに聞く、読み聞かせをするパパに知ってほしいコツ

子どもたちが大好きな絵本。パパも読んであげたいけど、どうしたらうまく読めるのでしょうか?今回はそんな読み聞かせのコツを数々の絵本の翻訳を手がけ、全国で「音楽とマジックと絵本のコンサート」を行っているミュージシャン&マジシャン&翻訳家の大友剛さんに伺いました!

子どもたちが大好きな絵本。パパも読んであげたいけど、どうしたらうまく読めるのでしょうか?今回はそんな読み聞かせのコツを数々の絵本の翻訳を手がけ、全国で「音楽とマジックと絵本のコンサート」を行っているミュージシャン&マジシャン&翻訳家の大友剛さんに伺いました!

読み聞かせの醍醐味はライブ感!

私はプロとして活動しているので、家庭での読み聞かせとはかなり違います。でも共通して言える読み聞かせの醍醐味、それはライブ感。直接聞き手に生の声で伝えられることです。

現代は様々な電子媒体が子どもの文化にも入り込んでいます。小5の私の息子もYouTubeは大好きで、自分の興味のあるテーマを検索して楽しんだり、時には知識を得たりしています。それを否定するものではありませんが、テレビもYouTubeも個人のその時の心の動きとは全く無関係に流れてくるもの。そこが読み聞かせとは完全に異なる点です。

特に親の読み聞かせは子どもにとって、自分に愛情を注いでくれる人を確認できる時間でもあります。親にとっては、お話の面白さ、絵の美しさに加え、愛情を手渡すことができる時間なのです。子育てをしていると、常に楽しく穏やかな親子関係というわけにはいきません。でも1日の終わりに、あるいは日曜の昼下がりに1冊の絵本でお互いの愛情を確かめ合うのも悪くないと思います。

パパが読むレア感が嬉しいのです!

私が幼い頃は母が毎日のように読み聞かせをしてくれましたが、稀に父親が読んでくれました。レアなことなので新鮮でとっても楽しく、嬉しかったのをよく覚えています。

今思うと両親とも読み聞かせ方が上手だったとは言えません。むしろ読み間違えて2歳年上の兄に突っ込まれたり、つっかえたり、ページを飛ばしたり、先に自分が寝ちゃうことさえありました。でも、そんなボロボロの読み聞かせの時間が私にとっては宝物です。

大人になって今は全国の子どもたちに読み聞かせをする立場になりました。嬉しかったあの頃の思い出がやはり心のどこかにあって、現在の仕事に色々と反映しているだろうと思います。

読み聞かせをするときに見てほしいもの

最近では全国でもパパの読み聞かせがとっても増えているように感じます。コンサートに来てくれたお父さんから、読み聞かせのコツなど尋ねられることも多いです。しかし正直言って私のアドバイスなど必要ないくらい、最近のお父さん達は読み聞かせに積極的だし、経験も多いようで、本当に素敵だなと思います。

私がそんなパパたちに伝えているのは「子どもの表情をよく観察してあげて」ということ。

冒頭に書いたライブ感はまさに観客とのコミュニケーションから生まれます。家庭での読み聞かせも同じで、今子どもがどんな気持ちで聞いているかを大切にしてあげることで、より豊かな相互関係が生まれるのです。それは絵本選びにも活かされます。あの絵本はウケたなあ! これは反応がイマイチだった。そんなお子さんの反応が絵本選びの助けの一つになるでしょう。

読み聞かせをしてあげられる時期は本当にあっという間に過ぎ去ってしまいます。上手に読もうとする必要はありません。貴重な読み聞かせタイムを、親子で楽しんでほしいと思います。