• 育児・子育て
  • 健康

子どもが高熱!パパが覚えておきたい対処法とは??

寒くなってくると子どもが体調を崩すことも増えてきます。そんな中、もしも高熱を出してしまった時にどうしたらいいか知っていますか??『祖父母手帳」や『小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK』などの著作がある小児科専門医の森戸やすみさんに教えていただきました。

寒くなってくると子どもが体調を崩すことも増えてきます。そんな中、もしも高熱を出してしまった時にどうしたらいいか知っていますか??『祖父母手帳」や『小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK』などの著作がある小児科専門医の森戸やすみさんに教えていただきました。

冷やす場所はおでこではない!

今のパパ世代が育った頃は熱が出ると氷のうや冷たいタオルなどでおでこを冷やしていたと思います。しかし、おでこを冷やしたからといって体温が下がるわけではありません。

発熱の辛さをやわらげるために冷やすのであれば、脇の下や、首の周り、足の付け根といった太い血管が通っているところが効果的です。氷枕のようなものをタオルで包んで、この部分にあててあげればいいです。

おでこを冷やすことで体温は下がりませんが、ひんやりとして気持ちいいということはあります。最近ではおでこなどにつける冷却シートがあって同じ効果がありますが、寝ている間にずれてしまって口や鼻にはりついて呼吸ができなくなってしまう危険があるので、乳幼児に使うときは目を離さないように注意して下さい。

汗をかけば治るというのは間違い

熱が出ると厚着をさせたり、布団を多くかけて汗をかかせた方がいいと言われていましたが、これは間違いです。

汗についてですが、これは病気が治って熱を高くする必要がなくなると汗をかいて体温を下げるものです。つまり“汗をかくと治る”のではなく“治ると汗をかく”ので、熱が出ているときに汗をかかなくても心配はありません。

周りの環境で熱がうまく拡散できず体温が上がってしまう「うつ熱」というものがあるのですが、これは細菌やウイルスの増殖を抑えるためのものとは違います。厚着や過剰な布団では体に熱がこもってしまい「うつ熱」の状態になってしまうのです。

なので、熱が出たときは、着るものはいつも通りか、少し薄手のものに、かけ布団は1枚少ないくらいにして涼しく過ごせるようにしましょう。小さい子どもは暑苦しくても自分で調節できないので特に気をつけましょう。

その他にも、かつては高熱が出ると脳に影響が出る、といった話がまことしやかに言われていましたが、それも間違った情報です。研究などが進むことで今までの常識が違ったということもありますので、パパやママは自分が育った時の常識にとらわれないようにしてください。

もちろん、異常が続く場合などは早めに病院で診てもらうことをオススメします。