• 特集
  • インタビュー

もっと許せる世の中になってほしい~ラジオパーソナリティ光邦インタビュー【Part4】

FMヨコハマの朝の情報ワイド番組「ちょうどいいラジオ」のパーソナリティで二児のパパでもある光邦さんのインタビュー第4弾。朝の情報番組に携わり、たくさんのニュースに触れる中で、光邦さんが今の社会に対して感じていることに迫りました。(第3弾はコチラ

FMヨコハマの朝の情報ワイド番組「ちょうどいいラジオ」のパーソナリティで二児のパパでもある光邦さんのインタビュー第4弾。朝の情報番組に携わり、たくさんのニュースに触れる中で、光邦さんが今の社会に対して感じていることに迫りました。(第3弾はコチラ

今の世の中も決して悪くない

―朝の番組を担当するようになって、多くのニュースに触れていると思います。そういう中で、今の子どもたちを取り巻く環境についてはどう感じていますか?

今は多様性が大事にされていて、性別も生き方も広く認められつつあると感じています。

人間関係が希薄で大変だとか、いろいろなことを言う人もいるけど、自分たちが育った時よりもいい部分だってある。子どもの頃、一緒にファミコンで親と遊んでいる友達がたまにいて、それがうらやましかったのですが、今は、そうやって一緒に遊んだり、理解がある親は増えているように感じます。全然捨てたもんじゃないですよ。

ただ、一方では、子どもたちのやりたいことを簡単に禁止してしまうことも増えていると思います。例えば公園だったらボール遊びなどもできない。ケガをしたら誰が責任を取るのか?ということになってしまったときに、禁止にしてしまえばケガもしなくて済む。つまりはちゃんと責任を取ろうとしている大人が少なくなったと感じます。

「やっていい」とか「やってはいけない」だけじゃなくて、「やっていい場所でもやってはいけない瞬間がある」とか、実際はそんなに単純にわけることができない微妙なこともあって、それは経験をする中で知ることもたくさんあると思うんです。

たまにはいいじゃない

―そういう中で、光邦さんはどんな世の中になってほしいと思っていますか?

みんながちょっとだけ「たまにはいいじゃない」って思えるようになるといいですよね。

度を超すようなことはもちろんやっちゃダメだけど、電車の中で子どもが騒いじゃったりしても、お祭りの時くらい遅くまで楽しんだりすることも「たまにはいいんじゃない」って言える余裕がほしい。

それから、誰かがした失敗を、世の中みんなで寄ってたかって責めるようなところがあるじゃないですか。若いうちからそんな姿を見ていたらチャレンジするのが嫌になっちゃう、おちおち失敗もできないですよね。そこは失敗しても「ナイストライ!」って、みんながフォローしてあげようぜ!と思います。人間は失敗する生き物ですからね。もっと許せる社会になって欲しいな。

今、聞いていて不快な話題は世の中にいっぱいあるかもしれないけど、必要以上にラジオで言わないようにしています。あおりたくない。
あんまり悪い話ばっかりだと、そんな世の中だと思ってしまう。そういう先入観に繋がってしまうことは言いません。

逆にラジオで素敵な話やいい話を聞いたら、いい印象で1日過ごせるじゃないですか。実際、いい人だって、頑張っている人だって、たくさんいるんだから。そういう人たちをもっとピックアップしていかなきゃね。

しかし、臭いものには蓋をする 見て見ぬふりをして、耳を塞ぐわけでは決してありません。だから、時には真っ向から真剣に向き合いますよ。

実は父の子育て論がラジオにも繋がっている点があります。
20歳の成人式の夜 実家へ戻ると、テーブルの上にそっと手紙と黒い手帳が置かれていました。
「光邦へ」と書かれた手紙には、晴れて成人おめでとう!というようなメッセージと「この手帳には自分が父親になってから経験したこと、感じたことなどを記してある。俺にはもう必要が無いから、光邦がいつか子を持つ親になった時の参考にして欲しい」と書かれていました。

古い手帳をパラパラとめくると、あるページに 「子どもの育て方」と書かれた一説がありました。そこには・・・

難しいことを優しく
優しさを深く
深いことを面白く
これが子どもの育て方だ!

と・・・。
思い返してみると 父は本当にそのように接してくれていました。

もう号泣しました。

僕の子育ても出来る限りその様にしているつもりです。

もちろんラジオでもマイクの向こうのリスナーにそんな想いで向き合っています。

時には自身の考えを熱く語り、時にはリスナーたちの思いや世の中で起こるいろいろなことを温かく受け止める。改めてそんな光邦さんの魅力が強く感じられるお話しをたくさん聞かせていただきました。

この記事を全部読む
娘に伝えたいことは一つにする~ラジオパーソナリティ光邦インタビュー【Part1】
練習嫌い努力嫌いを変えた父親の言葉~ラジオパーソナリティ光邦インタビュー【Part2】
勘違いからはじまったDJの仕事~ラジオパーソナリティ光邦インタビュー【Part3】
もっと許せる世の中になってほしい~ラジオパーソナリティ光邦インタビュー【Part4】

光邦
1976年東京都生まれ。
専門学校を経て20歳の時にラジオパーソナリティとしてデビュー。以来、20年以上にわたってラジオを通じて様々な発信し、リスナーの心に寄り添い続けている人情派。現在はFMヨコハマで朝月曜日から木曜の朝6時から放送中の「ちょうどいいラジオ」でDJを担当する朝の顔。

Fm yokohama「ちょうどいいラジオ」ブログ
Fm yokohama「ちょうどいいラジオ」公式Twitter