• 住まい
  • 料理

20代パパの7割が家でごはんを食べる派⁉ 周りのパパのごはん事情

パパコミでも以前からピックアップしてきたNPO法人ファザーリング・ジャパンの「トモショクProject」。パパ料理研究家、滝村雅晴さんが中心となってすすめるこちらは、みんなが家族や仲間などと共に食事(トモショク)をすることで得られる豊かな食生活を啓蒙しています。この度、プロジェクトの一環として行われた調査では、20代30代を中心とした若い世代を中心にパパのトモショクが進んでいることがわかりました。今回はその結果を詳しく見ていきます!

パパコミでも以前からピックアップしてきたNPO法人ファザーリング・ジャパンの「トモショクProject」。パパ料理研究家、滝村雅晴さんが中心となってすすめるこちらは、みんなが家族や仲間などと共に食事(トモショク)をすることで得られる豊かな食生活を啓蒙しています。この度、プロジェクトの一環として行われた調査では、20代30代を中心とした若い世代を中心にパパのトモショクが進んでいることがわかりました。今回はその結果を詳しく見ていきます!

思った以上に一緒にご飯を食べるパパは増えている

今回の調査は、旭化成ホームプロダクツ株式会社と株式会社Fam-Timeが音声ナビによる料理サポートアプリ「FamCook」を使った新しいサービス「共働きファミリー応援!トモショクプロジェクト」を発足するにあたり行いました。目的は現代の共働き家族のトモショクや料理事情を把握するため、2019年10月11日から13日にかけて、全国の共働き子育て世帯のパパ(584名)とママ(475名)を対象に、インターネットによる調査を行いました。

まずはこちらの結果を見てみましょう。

Q.あなたは普段、1週間に何日程度家族全員で夕食を食べますか?

週に4日以上家族全員で食べる人の割合

若い世代を中心に家庭での夕食を大事にすることがスタンダードとなっている状況がわかります。

料理への関心や意欲も若い世代は高い

さらに! 一緒に食べるだけでないんです!
まずはこちらを。

Q.あなたは料理をしたいですか?

「はい」と答えた人の割合

20代30代の父親を中心に半数以上が「はい」と回答しています。やる気がうかがえますね。
次に。

Q.あなたは、どれぐらいの頻度で夕食を作りますか?

週に2回以上作ると答えた人の割合

20代は「週2~3日以上父親自身が料理も行っている」パパが3割。ほぼ毎日が1割以上!すっかりキッチンに進出しているんです!
さらにはこちらも。

Q.あなたは料理のスキルを上げたいと考えていますか。

「はい」と答えた人の割合

料理が上手になりたいという人は、もはや世代に関係なく多いことがわかりました。意欲もバッチリです。

40代や50代からしてみれば、自分たちの頃は環境としてやりたくても出来なかったという思いもあるでしょう。今は働き方改革などが進み、残業や休日出勤が減ったことで若い世代が実現できているということなのかもしれません。

これから先、20代、30代という若い世代が年を重ねていく中で、パパが家族と夕食をとるスタイルが当たり前になっていけば、全世代でトモショクをするパパが増えていくことになるのではないでしょうか?

家族が一緒に楽しく過ごせる未来に希望がもてる調査結果でした。

関連リンク
共働きファミリー応援!トモショクプロジェクト概要
企画運営:旭化成ホームプロダクツ株式会社/Fam-Time
協力:NPO法人ファザーリング・ジャパン トモショクProject
トモショクProject
料理サポートアプリFamCook