• 住まい
  • インテリア

ポイントは三角!パパも知っておきたい観葉植物を飾るための基本

家族で過ごすリビングに緑を増やすために観葉植物を置きたい!そう思ってはみたものの、そんなことやったことがないので、よくわからないというパパも多いと思います。では、どのように選んだり飾ったりすれば良いのでしょうか?NPO法人tadaima!の三木さん!教えてください。

家族で過ごすリビングに緑を増やすために観葉植物を置きたい!そう思ってはみたものの、そんなことやったことがないので、よくわからないというパパも多いと思います。では、どのように選んだり飾ったりすれば良いのでしょうか?NPO法人tadaima!の三木さん!教えてください。

観葉植物があるから上級者なのではない!

インテリアがなんとなくうまくまとまらない、どうしてなのかわからないんだけど今ひとつオシャレにならない。そんな課題を簡単に解決してくれる便利なアイテムが観葉植物です。

「でも、観葉植物ってインテリア上級者が飾っているイメージだしハードル高い」と思っているならもったいない!インテリア上級者が飾っているのではなくて、飾っているから上級者に見えてしまうのです!

では、初心者でもこれだけ踏まえれば絶対に失敗しない、観葉植物の飾り方をご紹介します。

最初に決めるのは何か?

「観葉植物を飾りたい」と思った時。何から考えますか?

A まずは雑貨屋さんなどで植物の種類から選ぶ(見た目、育てやすさなど)
B 飾る場所を決めてから選ぶ

どちらが失敗しないかと言うとBです。
実は、好きな植物や育てやすい植物など、種類を選んでから飾る場所を選ぶ人の方が多いのですが、そうすると「どこに飾ろうかな」と迷って、結局あまりインテリアとして効果的なディスプレイができないことになりがちです。

なので、まずは「飾る場所」を決める。
それから「育てやすさ、見た目、種類」などを選ぶようにしましょう。飾る場所さえ決まってしまえば、観葉植物選びは8割がた終わったと思ってもいいでしょう。

では、観葉植物はどんなところに飾ると素敵になるのでしょうか?

植物を中心としたインテリアにしたい! ということでなければ観葉植物の役割は「空白を埋めること」とざっくり考えてしまうのがいいでしょう。
例えば、部屋のコーナー部分、TVボードの横、ソファの横など、なんとなくぽっかりと空いてしまっている場所はないでしょうか?

観葉植物は、そうした空間を埋めることでインテリア全体をギュッと引き締めることができます。

飾るときの基本は三角!

飾る場所を決めたら、次は飾り方の基本です。
観葉植物をディスプレイする場合は、部屋全体にしろ、棚などの上にしろ、ディスプレイの基本を意識すると素敵に飾れます。

その基本とは「三角形をつくる」ということ。

「三角構成」とも言われるこの飾り方は、観葉植物をつかってディスプレイの高低差をつくることを意味します。上手なディスプレイのコツのひとつが、この三角形をつくることなのです。なので観葉植物をうまく取り入れて三角形を作ってみるといいでしょう。

※写真は全て観葉植物を使って三角形を作っていますが、一つだけ観葉植物で他は置物などでもOKです!


A:二等辺三角形を作るパターン


B:不等辺三角形を作るパターン

三角形にも種類があって、三角形の辺を上下に伸ばし二等辺三角形にすると、さらに美しくシャープ感が出て、フォーマルなイメージに適します。

また、少し三角形の頂点をずらして不等辺三角形にすると、動きが出て、カジュアルなイメージになります。

この飾り方は観葉植物だけでなくディスプレイ全体の基本なので何かを飾るときは参考にしてみてください。