• 住まい
  • 料理

パパが作ったカレーが一番!3種類のスパイスで本格派インドカレー

子どもに大人気のカレー!家族が喜ぶのであればぜひパパも挑戦したいところですが、できればちょっとこだわりたい。そこで今回はとても簡単なのに本格的なスパイスカレーの作り方を、スパイス専門のショップサイト「印度カリー子のスパイスショップ」で、スパイスカレー初心者のためのスパイスセットを販売する、現役東大大学院生のスパイス料理研究家、印度カリー子さんに教えていただきました!

子どもに大人気のカレー!家族が喜ぶのであればぜひパパも挑戦したいところですが、できればちょっとこだわりたい。そこで今回はとても簡単なのに本格的なスパイスカレーの作り方を、スパイス専門のショップサイト「印度カリー子のスパイスショップ」で、スパイスカレー初心者のためのスパイスセットを販売する、現役東大大学院生のスパイス料理研究家、印度カリー子さんに教えていただきました!

時短!辛くない!家族にピッタリのスパイスカレー

印度カリー子さんによると、私たちが家庭でよく作る市販のルーを使ったカレーはイギリス由来のもので、煮込んで味を深めるスタイル。一方でインド由来のスパイスカレーはスパイスの香りを楽しむものなので、シンプルな具材に火を通す程度に炒めるだけ。長時間火にかけるとむしろスパイスの香りが飛んでしまうそうです。つまり、作る時間は煮込むカレーよりもグッと短くなります。

また、スパイスカレーというと辛いイメージがありますが、今回使うスパイス3種類は「クミンパウダー」「ターメリック」「コリアンダー」とどれも、辛いものではないので、子どもでも食べられます。もちろん、大人向けに辛くしたいという方は食べる時にレッドペッパーなどの辛いスパイスを加えればいいので調整もしやすいということです。

しかし、短時間で本当に本格的なものが作れるのでしょうか??

お財布にもやさしいのです!

今回は「スパイスチキンカレー」の作り方です!まずは具材の用意から!

【材料】(4人分)
■ニンニク、ショウガ 市販のチューブ(2~3cmくらい)
■玉ねぎ 1個半
■カットトマトの缶詰 200g
■塩 小さじ1(一般的な塩でOK)
■水 150㏄
■ヨーグルト 150g
■鶏もも肉 400g(すでにカットされたものを買うとさらに時短)
■スパイス(ターメリック、コリアンダー、クミンパウダー)各小さじ1
■サラダ油 適量

これだけ!しかも今回はより簡単にするため市販のチューブや缶詰で代用できるものは積極的に使います。また使うスパイスはそれほど珍しいものではないので、一般的なスーパーでも売っていますし、それぞれ200円もしません。鶏もも肉もリーズナブルなので全体的にお財布に優しいんです!

行程はたったの5つ!

さあ、早速作っていきましょう!

①サラダ油をひいたフライパンにみじん切りした玉ねぎとニンニク、ショウガを入れて強火で炒める。
※今回包丁を使うのはこのタマネギと鶏もも肉を切るときだけ!これはありがたい!
※強火だと早く玉ねぎの色が変わりますが、焦げやすいので休まずに混ぜてください。

②玉ねぎがあめ色になったらカットトマトを投入。
木べらで実を潰してペースト状にしながら約2分炒める。

③弱火にして、スパイス3種と塩をそれぞれ小さじ1ずつ入れ、約1分炒める。

④水150ccとぶつ切りにした鶏肉400gを入れて中火で煮込む。

⑤ヨーグルト150gも追加して混ぜ合わせていったん強火に。沸騰したら再び弱火にして蓋をして10分待つ。
最後に塩(分量外)で味を調えたら完成。

パパコミ編集長が自宅で作ってみましたが、本当に簡単でした!かかった時間は45分!カレーってもっと時間がかかると思っていましたが、全然そんなこともありません。しかも、作っている間はスパイスの香りがキッチンを包んで、食欲をそそるのです。煮込むカレーとはまた違った味わいでしたが、子どもたちにも大好評でした!

ぜひ!挑戦してみてください!