• 住まい
  • 行事

ひな祭りの由来知っていますか?ちらし寿司やハマグリに込められた意味とは!?

3月3日は女の子の節句「ひな祭り」。親としてはちゃんとお祝いしてあげるだけでなく、由来も伝えていきたいですよね。そこで今回は、意外と知らないひな祭りの由来と祝い方についてお伝えします。

3月3日は女の子の節句「ひな祭り」。親としてはちゃんとお祝いしてあげるだけでなく、由来も伝えていきたいですよね。そこで今回は、意外と知らないひな祭りの由来と祝い方についてお伝えします。

一般的になったのは意外と最近なのです

ひな祭りといえば、ひな人形を飾ってみんなで一緒にご飯を食べるのが、現代の一般的なお祝いの仕方です。親戚を呼んで盛大に行う人もいると思いますが、家族だけで、という方も多いですよね。

そんなひな祭りのメインともいえるひな人形。元々はとても簡素なモノで、川などに流すものでした。今でも「流し雛」という風習がある地域もありますがそちらの方が古く、一般的に家の中に飾って愛でるようになったのは、江戸時代からと言われていて思いのほか最近のこと。

由来には諸説ありますが、もともとは中国から伝わった風習で平安時代に貴族の間で行われたと言われています。人形に邪気や厄をうつして川に流すことで、子どもの邪気や厄を払うための行事でした。だからこそ、紙や藁で作った簡素なものだったのです。

中国でこの行事が行われたのが、3月3日の上巳(じょうし)の日だったことから、この日がひな祭りの日になったそうです。また、桃の節句と呼ばれ、桃の花を飾る風習があるのも、中国から伝わったものだということです。

ちらし寿司とハマグリの意味とは

ひな祭りのメニューの定番は、ちらし寿司とハマグリのお吸い物。もちろんコレにも意味があります。
酢飯の上に、様々な具が乗ったちらし寿司には、将来食べ物に困らないようにという願いが込められたメニューです。
そしてお吸い物に使われるハマグリは、対になっている貝のものしかピッタリ合わないことから、ハマグリのようにピッタリと相性が合う生涯のパートナーに巡り会ってほしいという願いが込められています。

そして、最近ではあまり食べることはないですが、飾りとしておかれる3色の菱餅にも、意味があると言われています。

桃色の餅は、桃の花を表し、魔除けを願う意味。色づけに使うクチナシの実には解毒作用があると言われています。

白い餅は、雪を表し、子孫繁栄と長寿を願う意味。色づけに使う菱の実には胃腸の働きを整えたり血圧を下げる効能があると言われています。

緑の餅は、新緑を表し、厄除けや健康を願う意味。今は色づけにヨモギを使いますが、元々使われていた母子草(ははこぐさ)には咳止めの効能があると言われています。

このようにそれぞれの色には意味ともう一つ、何かあった時に役立つ自然の薬草を使った効能があって、こういった薬草の知識を伝える意味もあったと言われているそうです。

古くから女の子の健やかな成長を祝ってきたひな祭り。その意味を知ることでより大事な時間に感じられるのではないでしょうか?ぜひ、一年に一度の楽しい時間を過ごしてください!