• 住まい
  • 料理

パパにもできる絶品簡単煮物!「豚バラと白菜の煮物」

フライパンで炒める料理は手軽で簡単。だからこそ、いつも同じ味になりがち。
メインが肉炒め、野菜も炒めものだと、油っこくなりますよね。そんな時に「炒める」以外の調理法を習得すれば、パパのレパートリーは一気に広がるはず。さて、どんな調理法がおススメでしょうか?パパ料理研究家の滝村さん!教えてください!

フライパンで炒める料理は手軽で簡単。だからこそ、いつも同じ味になりがち。
メインが肉炒め、野菜も炒めものだと、油っこくなりますよね。そんな時に「炒める」以外の調理法を習得すれば、パパのレパートリーは一気に広がるはず。さて、どんな調理法がおススメでしょうか?パパ料理研究家の滝村さん!教えてください!

相談

料理はいつも、フライパンで肉、野菜を油でいためるだけ。味付けは醤油か焼き肉のタレです。どうにも料理が「炒め物」ばかりになっていて。
「煮物」とかをマスターしてレパートリーを増やしたいのですが難しそうな気がして・・・失敗しない簡単な煮物の作り方を教えてください!

回答

料理は、「炒める」以外に調理法がいくつもあります。料理初心者パパに、習得してもらいたいのは、以下の5つ。
 
「炒める」
「焼く」
「揚げる」
「蒸す」
「煮る」
 
相談してくれたパパは「炒める」が得意のようですね。ではリクエストの「煮る」料理をマスターしましょう。
 
「煮る」とは、鍋の水分で具を加熱する料理です。難しそうに感じるかもしれませんが、ポイントは1つしかありません。
 
「きちんとレシピ通りの味付けを守ること」
 
これは、料理初心者パパみんなに伝えたいことです。
レシピは「設計図」。
 
完成された料理が、どのようなプロセスで作られたのかが詳しく書いてあります。
 
通販で、棚や机を買って家で「設計図」を見ながら組み立てることありますよね。
 
そんな時、いきなり設計図を見ずに組み立てたら「あ!こっちを先に組み立てるんだった!」「あれ、ネジが1個余っているぞ?」と完成できず、組み立て直すこともしばしば。
 
料理も同じです。誰もが同じ料理を美味しく、効率よく作る方法が「レシピ」に書かれているので、一度その通りに作ってみましょう。
 
その上で「俺は、もっと具が多い方がいい」「味が薄いほうが好みだ」と、設計し直してください。
 
わかりましたでしょうか。これ大事なポイントです。
 
では、煮物で初心者にも簡単で、作り手が食材を変え、自分で設計し直しやすいレシピを紹介します。

鍋に入れて火にかけるだけ。入れっぱなし煮物料理とは?

調味料
 
鍋に、水と調味料、材料を入れてフタをして、火にかけるだけの煮物をご紹介します。
 
「え?本当にそれだけでいいの?」って思うぐらい簡単。
 
煮物料理の入門編「豚バラと白菜の煮物」を作ってみましょう。
 
■白菜と豚バラの煮物(3〜4人分|20分)
材料:
白菜(1/4カット)
豚バラ肉(150g)
えのきだけ(1/2束)
厚揚げ(1丁)
 
A
水(500cc)
出汁昆布(1枚)
カツオ節(軽く1つかみ、手ですりつぶす)
うすくち醤油(大さじ4)
本みりん(大さじ4)
料理用清酒(大さじ1)
 
作り方:
①白菜はざく切り。えのきだけはいしづき(下の方のまとまっている部分)を切ってばらす。
 
厚揚げは縦半分に切り7mmほどの厚さに切る。豚バラ肉は5cm大に切る。
 
②鍋にAを入れる。白菜、えのきだけ、厚揚げ、豚バラ肉を入れて蓋をして火にかける。
 
沸騰したら弱めの中火にする。途中重なっている肉をばらし、肉に火が通ったら出来上がり。
 
あとからかけて楽しむオトナ調味料:
・七味
 
子どもでもできるお手伝い「子手伝い」ポイント:
・えのきだけをばらす
・鍋に具をいれる
 
〜ポイント〜
・出汁をとらずに、昆布とカツオ節を水に入れるだけでの楽ちん出汁で作る
 
・白菜は芯、葉の順に鍋に入れると火が通りやすい
 
・肉はできるだけ重ねずに鍋に並べて入れると火が通りやすい
 
・しょうゆは「うすくち醤油」で。濃口醤油しかない場合は、うすくち大さじ1=濃口大さじ1/2杯+塩小さじ1/4 で代用
 
煮物をマスターできれば、フライパンで炒め物を作りながら、もう1つのコンロで鍋で煮ることで、2品同時に調理ができますよね。
 
すると、ママから「え?今の時間でこんなに料理作れたの?はやい!」と、驚かれること間違いなし!
 
ちなみに、煮物は冷める時に味がしみ込んで美味しくなるので、翌日食べても美味しいですよ。
 
さらに、汁だけ残ったら、冷ごはんでいいので入れて煮込んでごはんが柔らかくなったら、溶き卵を回しかけして蒸らせば「おじや」の完成!
 
煮物を作ったついでに、翌朝の「おじや」までできちゃいました!煮物ってなんてステキなんでしょう!
 

 
さらに、このレシピは、他の食材に変えても作ることができます。
 
例えば・・・
・豚バラ肉→豚こま切れ肉にすると、さらにコスパがいい料理に
 
・えのきだけ→別のきのこ(しめじ、舞茸、しいたけ等)に変更可能
 
・厚揚げ→木綿豆腐、油揚げに変更可能
 
こうして、自分で設計図(レシピ)を変えて作ることができれば、料理はどんどん楽しくなりますよ。
 
ほら、やる気が出てきましたね!では、このままスーパーに立ち寄って食材買って帰りましょう!
 
今日も、ご馳走様でした。