• 特集
  • コラム

家から出ないことで娘が身につけたもの

感染予防のために家の中で過ごす時間が増えていますが、その時間でマンガ家で兼業主夫の劔樹人さんの娘さんはこんな能力をつけたそうです。

感染予防のために家の中で過ごす時間が増えていますが、その時間でマンガ家で兼業主夫の劔樹人さんの娘さんはこんな能力をつけたそうです。

娘、父、母の3人暮らしである我が家。

新型コロナウィルス問題で、私は外での仕事がほぼなくなり、仕事といえば家で原稿を書くことだけである。
基本的に家に居られるので、なるべく外出を避けるため、娘も可能な限り保育園に行かず、家で過ごすことにした。

妻は地方でのテレビ出演などもあり、家にいないことも多く忙しい。
それだというのに、こんなタイミングでヘルニアになってしまい、家にいるときは常にベッドで寝ていなければならない。

もちろん、高齢の両親に手助けを求めることもできない。
私はここへきて、限りなくワンオペに近い育児をすることになった。

原稿の仕事は娘が起きているうちはほぼできず、娘を寝かして夜中に行う。
疲れによって一緒に寝てしまうことも多いが、寝ないで免疫力が弱くなるのは一番まずい。

散歩にもいけないので、家で娘がやりたがるのはお絵描きである。

同じものを何度も何度も、延々と描かされるのである。
かわいい娘の頼みではあるが、これはなかなか精神的にくるものがある。

しかしこんな日々をしばらく続けていたら、娘に変化があった。

つい先日まで、娘の絵はただぐにゃぐにゃとした線でしかなかったはずなのに、はっきりと妻の姿を捉えていたのである。

日々、一緒に絵を描き続けたこと で、物体を捉えて表現する力が急激に伸びたのであろうか。

保育園に行かない、外にもほとんど出ないことは、娘の成長にとってどうなのだろう…。
そんなことも考えていただけに、これにはとても感動したのだった。

あまりに嬉しくて、ついリクエストをしてしまった。

確かに画力は伸びたと思うが、まだ娘の描くパパは、ママと何の違いもなかったのである。