• 住まい
  • 家事

洗濯のプロに聞く!冬用布団のお手入れ方法

季節が変わると、着る服も変わります。そして、寝るときの布団も変わります。冬の間、暖かく包んでくれた布団に感謝の気持ちを込めて、ちゃんとお手入れをしてあげましょう。今回は冬用の布団のお手入れの方法についておしゃれでありつつも実用的なコインランドリー+カフェを展開する「フレディ レック・ウォッシュサロン」のプロデューサーで洗濯のプロの松延友記さんに伺いました!

季節が変わると、着る服も変わります。そして、寝るときの布団も変わります。冬の間、暖かく包んでくれた布団に感謝の気持ちを込めて、ちゃんとお手入れをしてあげましょう。今回は冬用の布団のお手入れの方法についておしゃれでありつつも実用的なコインランドリー+カフェを展開する「フレディ レック・ウォッシュサロン」のプロデューサーで洗濯のプロの松延友記さんに伺いました!

気をつけるのは2つの絵表示

冬用の布団といえば、毛布や羽毛布団を使っている人が多いと思います。これらは非常に大きいので家庭で洗うのはなかなか大変。中には自分で洗えないものもあるので気をつけてください。

まずは何より洗濯絵表示を確認しましょう。上記の2つの絵表示は左から「タンブラー乾燥不可」「自宅では洗えない」というマークです。この2つがある場合はクリーニング店を利用してください。

しかし、最近は皆さんが思っているよりも、自宅で洗ったり乾燥できるタイプの布団は多いです。

まず毛布の場合、素材がアクリルやポリエステルであればほとんどが家庭でも洗えます。羽毛布団も、羽毛自体は水洗いをしても問題はないので、ほとんどが洗うことができます。
一方、洗うことができないのは、ウールなど羊毛をはじめとする獣毛を使っているもの。たまにありますが、羽毛布団でも、羽毛を包んでいる布の素材がウールやシルクの場合は洗うことができません。

毛布も羽毛布団も、洗濯機で洗うときは畳んで大きなネットに入れ、おしゃれ着洗いに使う中性洗剤で手洗いコースなどやさしく洗うコースをオススメします。そして、干すときは、今の時期、屋外だと花粉が付着する心配があるので屋内の方がいいでしょう。しかし、羽毛布団はしっかりと中まで乾くには数日かかることもあります。生乾きのままでしまってしまうとそこからカビが発生する可能性があるので、注意してください。

大型コインランドリーがオススメ

毛布も羽毛布団も洗うことはできますが、問題は大きさです。洗濯機に入るか?そこが大きなポイントになります。入らない場合、家で洗うとすればお風呂の浴槽で手洗いをすることができますが、なかなか大変。

そんなときにオススメしたいのが最近増えている大型の洗濯物が洗えて乾かすことができるコインランドリーです。

毛布や羽毛布団でも充分に洗えるサイズですし、タンブラー乾燥ができる布団であれば、乾燥まで行ってください。コインランドリーの乾燥機はガスを使っていて家庭用より高い温度になります。布団につきやすいダニは60℃以上にならないと死滅しないのですが、この温度にまでできるのはガス乾燥機か真夏の車の中だけ。家庭用の乾燥機はもちろん、天日干しでも届かないのです。衛生面でもコインランドリーは有効なのです。

悩ましいのが敷き布団です。

最近は洗えるタイプのものもありますが、いまだ水洗いができない真綿のものが多いのです。しかも、冬でも寝ている間は意外と汗をかくので衛生面が心配。洗うことも乾燥も難しい場合は、予めシーツだけでなく敷きパッドなどを使うのがベター。またそれも出来ればコインランドリーを利用して高温で乾燥をさせた方が衛生的です。

もちろん洗えるタイプや乾燥ができるタイプもありますので、可能であれば短時間でも大型のランドリーで乾燥することをオススメします。

取材協力
フレディ レック・ウォッシュサロン