• 住まい
  • グッズ

新人パパに贈りたい「俺の出産祝い」ギフト3選

周りに子どもが産まれたと聞くとなんだかうれしくなりますよね!せっかくなので出産祝いでもあげよう!と思ったものの・・・新人パパに贈るものって何がいいんでしょう??今回は、そんなあなたにオススメしたい、ギフトにピッタリのパパ向け育児アイテムをパパコミ編集部がセレクトしました!

周りに子どもが産まれたと聞くとなんだかうれしくなりますよね!せっかくなので出産祝いでもあげよう!と思ったものの・・・新人パパに贈るものって何がいいんでしょう??今回は、そんなあなたにオススメしたい、ギフトにピッタリのパパ向け育児アイテムをパパコミ編集部がセレクトしました!

もはや大定番!ハワイ生まれの抱っこひも「エルゴベビー」

日本で販売がスタートして13年。快適さに加えてスタイリッシュなデザインが話題となり、今や子育てアイテムの大定番となりました。

抱っこひもの1日平均使用時間は約2時間と言われています。お子さまが2歳になるまで使用すると合計の使用時間は約1,500時間。たくさん使う抱っこひもだからこそ親子両方の快適性にこだわったアイテムが「エルゴベビー」です。

クッション入りの肩ストラップと幅広のウエストベルトで、赤ちゃんの体重を肩と腰にバランスよく分散。長時間の使用でもパパママが疲れにくく、楽に抱っこできます。また、赤ちゃんのお尻から膝裏までをすっぽり支える構造のため、素手で抱っこした時のような自然な姿勢をキープ。赤ちゃんも快適に過ごせます。

そんなエルゴベビーから特に出産祝いにオススメしたいのが、4月末に発売される3年ぶりの新モデル。新生児期の抱っこに特化した「EMBRACE(エンブレース)」。

まだ体が繊細で安定していない新生児をやさしく包み込むやわらかなストレッチ素材。はじめての抱っこは誰でも難しいものですが、装着方法はウエストベルトとサイドのバックルを留めるだけのシンプルな作りのため、新米パパも自信を持って赤ちゃんを抱っこできます。
また、ストラップは長さの調節ができるのでパパママの兼用も可能。さらに、くるくる畳めばコンパクトになるので、持ち運びにも便利です。

赤ちゃんが最も飲みやすい姿勢で飲むことができる「ドクターベッタ哺乳びん」

この哺乳びんの角度がついた独特の形状は、小児科医が考案したもの。デザインのためだけではなく、ミルクをあげるときに、母乳を授乳しているときと同じ姿勢になるようにコントロールしてくれるという特徴があります。

この頭を起こした自然な姿勢は、ミルクがスムーズに食道へ流れることを促し、赤ちゃんによく起こる「頭位性中耳炎」の要因となる耳管へのミルクの流れ込みを防いでくれます。さらに、空気の飲み込みを減らすことができるので、ゲップや吐き戻しも軽減されるという優れものです。

そんなドクターベッタ哺乳びんで特にギフトにオススメなのが耐熱ガラス製の一番小さい80ml。助産師と考案した、ママのおっぱいと同じように力強い咀嚼を促す「ブレイン乳首」がついています。

最近の哺乳びんは軽くて割れる心配が少ないプラスチック製のものが多いのですが、ドクターベッタ哺乳びんで根強い人気を誇っているのが耐熱ガラス製のタイプ。

都内に2件しかない手作りガラス工場で熟練の職人が1本1本手作りで仕上げるほどのこだわりの逸品は、傷がつきにくいためとても衛生的です。

まだミルクを飲む量が少ない新生児に使う80mlのサイズを手にした新米パパは、きっとその後、飲む量が増え、哺乳びんが大きくなっていくことで成長を実感できることでしょう。

赤ちゃんグッズを持ったお出かけに最適!「パパバッグ」

“パパの子育てから、家族に笑顔を”がブランドコンセプトの子育て応援ブランド「papakoso」が作るパパに特化した便利なバッグ「パパバッグ」シリーズ。
自身も二児のパパである代表の半田さんは、長男が産まれた際に、妻に病気が見つかったことを受けて期せずしてワンオペ育児をすることになりました。その時に、男性向けの育児アイテムが少ないことに気づいたといいます。

代表自らの経験を基に作られた「パパバッグ」は、コンパクトでありながら収納力は抜群。しかも、中にはオリジナルの固定バンドがついているので、哺乳びんや水筒などを重ねずに収納できて中身も見やすく取り出しやすくなっています。

またポーチタイプなので、両手が使えて、かつバッグをおろさないでもいつでも中のものが取り出せます。

さらに、バッグの上に子どもを乗せる形で抱っこの補助として使えるのもありがたいところ。寝てしまった子どももしっかり支えてくれます。

そんな「パパバッグ」シリーズでギフトにオススメしたいのが「思いやりモデル」の「ブラック×ブラック」。

140人のパパママの意見を取り入れて作り込まれた「思いやりモデル」は、持った時の負担を軽くしてくれるショルダーパッドやファスナーの引き手がソフトなタイプになっているなど細かい所まで思いやりの限りを尽くしたモデル。

「ブラック×ブラック」は、好みが分かれにくいのでギフトとしても大人気だそうです。
新生児から使えて、抱っこの補助としては育ち盛りの3歳くらいまで、バッグとしてはそれ以降も長く使えるアイテムなので、ギフトにピッタリだと思います。

ママ向けに比べるとまだまだ少ないパパ向けの子育てアイテムですが、機能的にも納得感がある使えるアイテムも増えてきています。あらたにパパとしてスタートする人たちへのギフトにぜひチェックしてみてください!

関連リンク
エルゴベビー(DADWAY ONLINESHOP)
Bétta
papakoso