• 特集
  • コラム

娘はお出かけが好きみたい。~田島マサヒロの育児覚え書き③~

子育てはあっという間! 日々いろいろなことを感じますが、なかなかそれをメモしておくヒマがなかったりしますよね・・・そんな育児の過程を書き留めてきたイラストレーター田島マサヒロさんの覚え書きイラストです!

子育てはあっという間! 日々いろいろなことを感じますが、なかなかそれをメモしておくヒマがなかったりしますよね・・・そんな育児の過程を書き留めてきたイラストレーター田島マサヒロさんの覚え書きイラストです!

イラストレーターの田島マサヒロです!

ついこないだ歯の生え替わりが始まって最初の歯が抜けた娘ですが、早くも大人の歯がぐんぐん伸びてきて、さらに隣の歯がグラグラし始めました。2本目が抜けるのも、もう間も無くのようです。成長するのホント早過ぎ!
全部の歯が生え替わるのは何年後になるのかわからないけど、キレイに生え揃うように、そろそろ歯医者に相談しなきゃなあと考えています。

さて今回は生後1ヶ月から2ヶ月くらいの間に綴った覚え書きイラストです!

スリングがお気に入りです。

周囲の赤ちゃん連れを見ると、ほとんどのパパママが使っているのはエルゴとかの抱っこ紐でしたが、僕が一番お気に入りだったのは、もうダントツでスリングでした。
理由はイラストに書いてあるとおりですが、シンプルなものを好む僕の性格も大きいと思います。

なにしろ一枚の布だけでできているというその単純さが清々しい。抱っこ紐よりも色んな抱っこの仕方ができるのに、畳めばすごくコンパクトになる。そして、一枚の布を通して子どもと密着しながら抱っこできるのが、とにかく心地よかったです。

欠点を挙げるとすれば、体重が増えてくると肩が重くて仕方ないので、抱っこ紐に比べると使用期間が若干短いこと。

妊娠期間中ずっと子どもと一体となって過ごし、ゆっくりじっくり体感しながら少しずつ母親になっていく女性と違って、男性はその助走期間がなく、子どもが産まれた瞬間にいきなり「父親ですよ」と言われます。
スリングでの抱っこは、そのギャップを埋めてくれるような、擬似妊婦体験をさせてくれるような、不思議で嬉しい時間でした。もっともっとスリングで抱っこしたかったなぁと、この原稿を書きながら思い返しています。

子どもを抱っこしながらの散歩は、本当に至福の時間です。

今年はお花見が残念ながら難しかったですが、娘が1〜2ヵ月の頃はちょうど桜の時期で、花見がてらよく歩きました。歩き始めるとホントすぐに寝ちゃうので、花を観るのは結局親だけなんだけど、 徐々に少しずつ景色に反応するようになったり、日を追うごとの成長を見れたりして、楽しかったです。

外に出ることで親の気晴らしにもなって、娘はよく寝てよくミルク飲んで、みんながハッピー!な、ホントにいい時間でした。

かわいい地獄!?

嗚呼、「かわいい地獄」!!もっかい体験してみたいよ「かわいい地獄」!!

せっかく寝入った娘を起こすわけにはいかんから、そして何よりそのまま抱っこしていたいから、身動きが取れなくなってしまう「かわいい地獄」。

そんな娘も今や20キロの大台に届こうかというまでにスクスクと育ち、同じように抱っこして寝ると、シンプルな地獄が味わえるようになってきました(笑)。あ、でも可愛くてそのまま抱っこしていたいのは、当時と変わらず同じです。

すまん、妻よ。俺の遺伝子の勝ちだ。

ホントもう笑っちゃうくらい、娘は僕の顔で生まれてきました。僕の赤ん坊の頃の写真と並べると、理科の教科書に載ってる遺伝のサンプル画像のようで、僕の母は、「写真見てると、孫かお前か区別がつかん」とよく言いました。

他にも「迷子になっても顔見ればどこの子かすぐに判る」とか「DNA検査を鼻で笑い飛ばす親子」とか言われたものですが、面白いもので成長とともに、性格は妻の要素が強いなと感じるようになってきました。

まあ、どちらに似ようが似てなかろうが、心身ともに健やかに自分の道を歩んでくれればと思います。

そのためにお父ちゃんがんばるよ。

いかがでしたか?
この続きはまた今度!