• 育児・子育て
  • 健康

変わる子育ての常識 赤ちゃんに何を飲ませる?

生まれたばかりの赤ちゃんは母乳や粉ミルクを飲みますが、その後、成長していくなかでは、どんなものを飲ませればよいのでしょうか?どうやらそれは以前とは少し変わったようです。『祖父母手帳』や『小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK』の著者で小児科専門医の森戸やすみさんに教えていただきました。

生まれたばかりの赤ちゃんは母乳や粉ミルクを飲みますが、その後、成長していくなかでは、どんなものを飲ませればよいのでしょうか?どうやらそれは以前とは少し変わったようです。『祖父母手帳』や『小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK』の著者で小児科専門医の森戸やすみさんに教えていただきました。

母子手帳に書かれた内容も変わります

小児医療をはじめ子育てに関してはまだわかっていないことがたくさんあります。
さまざまな研究が続いており、新しい研究結果が発表されるたびに、それまで常識だと思われていたことが変わるのです。だから、今の子育ての常識も変わる可能性だってあるのです。

母子手帳に書かれている内容も変わりますし、年の離れた兄弟姉妹を育てている方なら、上の子のときと下の子のときでも常識が変わることがあります。

その変わったものの一つが離乳食前に飲ませるものについてです。

確かに、かつて母子手帳の生後3~4ヵ月の欄には「薄めた果汁やスープを飲ませていますか」と書かれていた時期もあり、早くいろいろな味を体験させた方がいいとも言われていました。

しかし、今はそう考えられていません。

果汁はむしろ飲ませない方がいい

2007年に厚生労働省が「離乳食前の赤ちゃんにとって最適な栄養源は母乳や粉ミルクであり、果汁は必要ない」と発表しました。また『授乳・離乳支援ガイド 離乳編』では「果汁を与えることで母乳や粉ミルクを飲む量が減り、栄養不足をまねく」とされています。

さらに、日本に先立ってアメリカ小児科学会の『果汁を与えるリスクと適切な摂取方法についての勧告』でも、「果汁は生後6ヵ月未満の赤ちゃんには栄養学的な利益はなく、飲ませるべきではない」としています。

このようなことから、今は離乳食を始める前の赤ちゃんに果汁は必要なくて、むしろ与えない方がいいと考えられているのです。同じように風呂上がりに水分補給として飲ませることが多かった白湯や、イオン飲料についても必要ありませんし、栄養は母乳と粉ミルクで充分です。

ただし、母乳やミルク以外のものを絶対に与えていけないわけではないので、飲ませたい場合は50ml程度の少量にしてください。

この果汁についてのことが発表されたのは2007年と13年前のことです。おじいちゃんおばあちゃんだけでなく、ちょっと大きいお子さんがいる先輩パパママでも、違った常識だったこともありますが、どちらが悪いということではないことをお忘れなく。