• 遊び
  • 男の趣味

オーダースーツのプロに聞いた、ジャケパンスタイルの着こなし方

ビジネスシーンにおける男性の装いといえば、定番はスーツ(失敗しないスーツの選び方はこちら)。しかし、ちょっと砕けた現場では、カジュアルなジャケパンスタイルの人も多いのではないでしょうか。ジャケパンとはテーラードジャケットに、上下一そろいのものとは別のパンツを組み合わせたスタイルのこと。自由な組み合わせが楽しめる一方で、「この着こなしで大丈夫?」と自分の装いがちょっと不安なパパもいるのではないでしょうか?

ビジネスシーンにおける男性の装いといえば、定番はスーツ(失敗しないスーツの選び方はこちら)。しかし、ちょっと砕けた現場では、カジュアルなジャケパンスタイルの人も多いのではないでしょうか。ジャケパンとはテーラードジャケットに、上下一そろいのものとは別のパンツを組み合わせたスタイルのこと。自由な組み合わせが楽しめる一方で、「この着こなしで大丈夫?」と自分の装いがちょっと不安なパパもいるのではないでしょうか?

今回はオーダーメイドスーツを手掛ける工房設営型サロン「Fianco」のオーナーフィッター 原毅郎さんに、ジャケットを着こなす上でのコツを聞いてみました。遊び心のある着こなしをマスターすれば、オシャレなママの見る目も変わるかも?

ジャケパンの鉄板は“上がネイビー×下がグレー”

まずは、原さんにお手本となるような、ジャケパンスタイルの着こなしを見せていただきました。

原さんが「鉄板コーディネート」だという、ジャケットがネイビー、パンツがグレー、革靴が黒という組み合わせ。ネクタイは大きめな柄でカジュアルに見せながらも、スーツと色を調和させることで、垢抜けすぎないようにバランスを保っています。カジュアルな装いとの調和を考え、革靴はシューレース(靴ひも)のない、ダブルのモンクストラップをチョイスしたそうです。

原さんによると、ビジネスシーンにおけるジャケットの着こなしのコツは、スーツと大きく変わらないのだとか。

「ただ、ラフな素材感のジャケットを着る時には、シャツの質感や光沢感をそろえた方が良いでしょう。今回の装いであればジャケットがざっくりとした織り方なので、麻のシャツなども選択肢に入ります」(原さん)

パンツ丈は、折り返さない裾がフォーマルであるため、折り返してダブルにすることで、よりカジュアル感が出ます。なお、靴下を見せるような短めの丈にする場合は、スリムなパンツの方が、裾が締まって自然に見えるそうです。

ネクタイはプレーンノットという、最も基本的で結び目が小さく見える結び方。敢えて、大剣と小剣がズレるように結び、こなれた感を出しています。これは「小剣ずらし」と呼ばれており、見る人が見れば「分かってるな」と思われるテクニックなのだとか。

さらに、大剣をベルトのバックルにかかるぐらいの長さにして、砕けた雰囲気を演出しています。ネクタイピンをしていないのは、「あえて、くたっとした印象を出したかった」からだそうです。

ビジネスにおけるジャケパン姿、どこまでカジュアルにしてOK?

スーツに比べると、よりカジュアルな装いになるジャケパンスタイル。では、ビジネスの現場においては、どこまで着こなしを崩すことが許されるのでしょうか?

Q:ビジネスシーンに利用できるジャケットの色使いは?
A:ネイビーかグレー、ブラウンが良いのではないでしょうか。なお、無地で色が濃いものほどフォーマル、柄入りで淡い色使いのものほどカジュアルになります。また、柄のサイズも重要ですね。柄が大きいほど砕けた印象になります。

Q:ジャケットの素材はどうでしょうか?
A:フォーマルなスーツ生地以外でとなると、麻かコットンが無難ではないでしょうか。

Q:ジャケパン姿だと、パンツの色は割と自由な印象がありますが?
A:ビジネスシーンでとなると、ネイビー、グレー、ブラウン、黒などが良いと思われます。

Q:コットン素材の、いわゆるチノパンをジャケットと合わせるのはアリですか?
A:お仕事の内容によってはアリですね。ただ、艶のある質感のジャケットとは、素材感が違いすぎて合わないので、あくまでカジュアルな装いの中での着こなしと言えるでしょう。

Q:ジャケパン姿のときに、シャツをパンツに入れていない人もいますが……。
A:スラックスのような折り目のあるパンツでは、シャツを入れた方が断然かっこいいですね。チノパンやジーパンであれば、出すのもアリではないでしょうか。

Q:ジャケパン姿であれば、ビジネスの現場でもノータイはアリですか?
A:TPO次第ではアリだと思います。そこにボタンダウンシャツを合わせると、胸元に表情が出るのでオススメですね。

【豆知識】
ジャケットは春夏/秋冬で分けてそろえるべき

ジャケットは春夏と秋冬では素材や織り方が変わるので、シーズンに合わせたコーディネートを用意する必要があるそうです。

柄物など、もっとラフなジャケットでの着こなしは?

ここでもう1着、原さんにもっと砕けたジャケパンスタイルの着こなしを見せてもらいました。

こちらの着こなしは上下ともに麻とリネンの混紡生地。ジャケットは青とマスタードのチェック柄で、ブラウンのスラックス、スウェードの靴を合わせています。黄色(マスタード)は本来ビジネスでは使わない色ですが、上がブルー、下がブラウンという基本的な組み合わせを抑えているため、見ていて安心感があります。

「麻素材は涼し気に見えるので、これからの時期に良いのではないでしょうか。シワが入りやすいので、見た目がよりカジュアルになります」(原さん)

ここにカジュアルなニットタイと、同じくニット製のチーフを合わせ、全体の調和を取っています。スーツではあまり見ないニットタイですが、実はコットンのスーツとも相性が良いそうです。

シャツはネクタイとの調和を考え、サックスブルーという淡い青色に。鮮やかな青と濃いブラウンの組み合わせは、イタリアでは「アズーロ・エ・マローネ」といい、定番といえる色使いだそうです。普段はスーツに組み合わせているシャツだそうですが、敢えてジャケット用にシャツをそろえなくても、このような着こなしが可能なのだとか。

【豆知識】
ポケットのデザインでも見た目の印象が変わる

1着目とは違い、こちらのジャケットはフラップ(ポケットのフタ部分)のないアウトポケット。見た目の印象がよりカジュアルになるので、ジャケパンスタイルにはオススメだそうです。

パンツはやや赤みの入ったベージュ色。柄物のジャケットに組み合わせるため、見た目が派手になりすぎないよう、敢えて無地の物を選んでいます。

「ジャケパン姿では上下でメリハリをつけた方が良いと思います。特に、色が淡いジャケットと、淡いパンツの組み合わせは見た目の印象がボヤけてしまうので、ジャケットは濃い目の色のものを選ぶと良いでしょう」(原さん)

ジャケパンスタイルにおける「鉄板」として原さんが紹介してくれたのが、上がネイビー×下がグレー、上が黒×下がベージュのチノパン、上が濃いブラウン×下が淡いブラウンという組み合わせ。この3つであれば、まず外した着こなしにはならないそうです。

靴はスウェード素材のスリッポン。靴下は“パンツと靴のうち、色の濃いものに合わせる”のがセオリーとのことで、濃い茶色をチョイス。その中でも精緻な小紋柄のものを選ぶことで、整った見た目の中にも遊び心を演出しています。

パンツが自由に選べるジャケパンスタイルは、いつもと違う自分を見せるにはうってつけ。センスに自信がないという人でも、鉄板の組み合わせを把握しておけば、オシャレに着こなすことができます。

気に入ったスーツやジャケパンをかっこよく着こなすことができれば、気持ちよく仕事にも向き合えるもの。ママやお子様にも「パパかっこいい!」と言われるように、まずは何か一つ、取り入れてみてはいかがでしょうか。