• 住まい
  • 家事

食器じゃないもの入れてませんか?予約の取れない家政婦に聞いた食器棚の片付けテクニック

家の中には片付かないところがいろいろありますが、食器棚もその一つ。買ってきた時はあんなにスカスカだったのに、いつの間にか新しい食器を増やす余裕もないほどパンパン。これってなんとかできないでしょうか?家事代行マッチングサービス「タスカジ」にて“予約の取れない家政婦”として大活躍中!これまで延べ6,000件の家庭をサポートしてきたseaさんにアドバイスを聞きました!

家の中には片付かないところがいろいろありますが、食器棚もその一つ。買ってきた時はあんなにスカスカだったのに、いつの間にか新しい食器を増やす余裕もないほどパンパン。これってなんとかできないでしょうか?家事代行マッチングサービス「タスカジ」にて“予約の取れない家政婦”として大活躍中!これまで延べ6,000件の家庭をサポートしてきたseaさんにアドバイスを聞きました!

ポイントは「出しやすい」と「しまいやすい」

食器棚が片付かないという悩みは、非常によく聞く定番です。食器は日々使うモノですから、なかなか思い切って整理をするタイミングもないですし、だからこそ、パズルのように詰め込んでしまって見ないフリをしてしまうという人もいるでしょう。

ではまず、食器棚の整理について基本的な考え方を整理してみましょう。
食器棚における収納のポイントは「出しやすいこと」「しまいやすいこと」。
この二つだけを考えて納められれば充分です。

では、どんな食器棚は出しやすくしまいやすいでしょうか?
① スペースに余裕がある
② よく使うものが出しやすい場所にある

そんなこと言われなくてもわかってるよ!という声が聞こえてきそうですが、意外とこれができていない食器棚をたくさん見てきました。

では、実際にどんな手順で進めていけばいいのでしょうか?

使っていない食器はもはや食器ではない

食器棚に限らず、片付かない場所を整理しようと考えると、まずは物理的にモノを減らすことを考える人が多いと思います。実際にモノを減らした方がすっきり片付くのですが、必ずしも捨てなければいけないということではありません。

まずは、改めて食器棚を開けて隅々までチェックしてみてください。そうすると、あまり日常的には使っていないモノが結構入っています。例えば、お客さんが来たときに使うカップとソーサー、おせち料理の時に使うお重、子どもが友達を連れてきた時に使う紙皿やプラカップ、運動会の時など大人数で使うお弁当箱などなど。

日常的に食事で使うモノを「食器」とすれば、食に関わっているとしてもたまにしか使わないこれらのものは「食器」ではなく「保管物」とも考えられますよね。その「保管物」を食器棚という限られたスペースに入れておく必要性はもはやありません。使いたいときに取り出せればいいのですから、これらは食器棚から出してしまいましょう。

きっとそれだけでかなりのスペースができるはずです。

ただし、この保管物はバラバラにしてしまうといざという時にどこに行ったかわからなくなってしまいがちなので、できるだけまとめておきましょう。洋服を入れるために使っていた収納ボックスでもいいですし、押し入れやクローゼットでも構いません。食器の類いはかならずキッチンになければいけないという思い込みはこの際忘れてしまいましょう。

スペースに余裕が出来たら、密集してしまっている場所の食器を移動してください。
そうすることで、全体的に余裕ができて、出しやすくて、しまいやすくなるはずです。

【BEFORE】

【AFTER】

家族の人数に対して食器の量は適当か?

特にスプーンやフォーク、お箸といったカトラリー、またはコップやマグカップでよくあることですが、ちょこちょこ買い足していくうちに、いつの間にか家族の人数に対して多すぎる状況になってしまっているものがあります。

食器棚の中に「以前はよく使っていたけど、これ最近使っていないな」というものはありませんか?特に子どもの食器類は成長に合わせて使わなくなったのに、そのまま食器棚に入っているモノが結構あるはずです。

この辺りは思い切って捨ててしまってもいいですし、同じようにまとめて食器棚以外のところに移動することをオススメします。

それでもまた増えてしまうということもよくありますが、それを防ぐ方法としては、スペースを決めることです。そこに入らないなら買わない、もしくは何かを処分して入れるということです。特にカトラリーの場合は、引き出しに専用のラックを入れて使っている人が多いと思いますが、そのラックをそもそも人数に見合ったサイズにしてしまうことをオススメします。

食器棚全体でも言えることですが、大きいサイズを買うとスペースができると考えがちです。むしろ余計なモノも入れようとしてしまい、片付かないことに繋がりってしまうので、根本的な解決には繋がりません。

この機会に、ぜひ限られたスペースを見直して中身を整理してみてください。