• 育児・子育て
  • 健康

子どものあせも!予防にクーラーは良くない??

汗が気になる季節がやってきました。とくに皮膚が弱い子どもたちはこの時季「あせも」が心配ですよね。では、予防するにはどうしたらいいのでしょうか?「祖父母手帳」や「小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK」の著者で小児科専門医の森戸やすみさんに教えていただきました。

汗が気になる季節がやってきました。とくに皮膚が弱い子どもたちはこの時季「あせも」が心配ですよね。では、予防するにはどうしたらいいのでしょうか?「祖父母手帳」や「小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK」の著者で小児科専門医の森戸やすみさんに教えていただきました。

そもそも「あせも」とは?

夏などによくできる「あせも」。
特に子どもには多く見られるので私のクリニックにも相談にいらっしゃる方がたくさんいます。

「あせも」は「汗疹」(かんしん)というもので、高温多湿の環境下でかいた汗が蒸発せずに汗腺という汗が出るところにたまってしまうことでできます。

一般的によく「あせも」と言われるのは「紅色汗疹」(こうしょくかんしん)。
汗が皮膚の中層の真皮などにたまって炎症を起こして、赤くブツブツした状態になるものです。
子どもの場合、胴体や脇、太ももだけでなく、頭やおでこ、鼻の頭などにもよくできます。汗が原因なので、汗をかきやすい暑い時期に多いですが、その他の季節でも高温多湿な状態になるとできることはあります。

ちなみに、うっすらと白い小さなブツブツができる「水晶様汗疹」(すいしょうようかんしん)というものもあります。これは皮膚の表面に近い層に汗がたまって透明な水ぶくれができるもので、痛みやかゆみがないもの。これは涼しく清潔にしておけば、わりとすぐに消えますので、ご心配なく。

あせも予防にクーラーはどうなの?

かつては「小さい子にクーラーはよくない」とか「汗をかかないと汗腺が発達しない」と言われていたことがあります。しかし、そんなことはありません。あせもの予防には涼しく、風通しをよくすることがいちばんです。快適な室温を保つためにもクーラーは使っても問題ありませんし、暑いのを我慢させると「あせも」は悪化します。また、クーラーを使っても汗腺の数は変わらないという研究結果もありますので、そこも気にしないで大丈夫です。

子どもは体温調節能力が大人に比べると低いので、真夏に蒸し風呂のような室内に長時間いることは、「あせも」だけでなく「熱中症」になるリスクがより高くなります。さらに水分や塩分が十分に摂れなければ、命にも関わるので、十分に気を付けてください。

また、祖父母世代には「自然の風がいちばんよい」と言う人もいると思います。これについては、真夏でも気温が30度を超えることが珍しかった時代にはあてはまるかもしれませんが、頻繁に30度を超えるような状況の今は自然の風だけでは危険なこともあるので注意してください。

汗をかいたらそのままにはしておかない

もうひとつ。汗をかいたままにしておくことも避けた方が予防に繋がります。シャワーを浴びることが最もいい方法ですが、そう頻繁に浴びることもできないと思うので
洗面所で手足だけでも流すだけでもいいですし、タオルで汗を拭いたり、洋服を着替えることも効果があります。

そして「あせも」ができてしまった場合は小児科や皮膚科にかかってください。かゆみを抑える塗り薬をもらって塗るようにしましょう。ベビーパウダーは、普段使う分にはよいですが「あせも」ができてからは炎症の原因になることがあるのでやめておきましょう。