• 育児・子育て
  • しつけ・教育

ビートルズから般若まで!パパが子どもに聞いて欲しいミュージシャンアンケート

大人も子どもも男性も女性もそれぞれ音楽が大好き!そして、どの時代にも社会に大きな影響を与えてきた音楽がたくさんありました。そこで今回はパパコミ編集部がNPO法人ファザーリング・ジャパンのメンバーを中心に行ったパパアンケートより、パパたちが我が子に聞いて欲しいと思っている音楽やミュージシャンをピックアップして紹介します!(以前行ったアンケートまとめ。子どもに読ませたいマンガ、第1弾はコチラ/第2弾はコチラ、見せたい映画はコチラ、読ませたい小説はコチラ

大人も子どもも男性も女性もそれぞれ音楽が大好き!そして、どの時代にも社会に大きな影響を与えてきた音楽がたくさんありました。そこで今回はパパコミ編集部がNPO法人ファザーリング・ジャパンのメンバーを中心に行ったパパアンケートより、パパたちが我が子に聞いて欲しいと思っている音楽やミュージシャンをピックアップして紹介します!(以前行ったアンケートまとめ。子どもに読ませたいマンガ、第1弾はコチラ/第2弾はコチラ、見せたい映画はコチラ、読ませたい小説はコチラ

まずは邦楽!王道J-POPが勢揃い!

全体的に見て、リリースされた年代は様々ですが、今でも多くの人に愛されているミュージシャンがズラリと並びました。どんどん紹介していきましょう。

まずは、やっぱりパパ世代にとっては外す事ができない90年代のバンドサウンドから!

■『Mr.Children』

「ボーカルの桜井さんの誠実な思いが歌に反映されているため。人生に迷った時にたくさんの癒しや気づきを与えてくれるだろうから」(えがお先生)

■『スピッツ』

「カッコ可愛いおじさまたち。可愛く、いやらしく、なまめかしく、みずみずしいあのリズム感、音楽の心地よさ、言葉の使い方を少し大人になってきた子どもたちと共有したい」(不死鳥じゃっきーさん)

■『THE BLUE HEARTS』

「高校生ぐらいになったら聞いてほしい」(みさん)

■『MONGOL800』

 「アップテンポと心に響く歌詞はドライブでも子ども達と一緒に歌えます」(いけださん)

実に男性、いや男子っぽいセレクトですよね!
一方で、こんなセレクトもありました。

■『perfume』

 「いつも聞かせていますが、音楽・ダンス・演出をセットで見聞きすることで、3人のシンクロ率の高さやかわいさ、かっこよさが最大限に見られ、洗練されたエンターテインメントとして楽しむことができるから」(ぽんさん)

ぽんさんは娘さん二人を育てているということですが、完全に教え込む感じになっていますね(笑)。

これから王道になっていく旬のミュージシャンも!

そして、パパ世代が青春時代に聞いたものではなく、まさに今をときめくミュージシャンも思いのほか挙がりました。

■『Official髭男dism』

 「大人と口ずさめるから(笑)」(はやしださん)

■『岡崎体育』

 「『ポーズ』『ジャリボーイ・ジャリガール』『キミの冒険』『心のノート』など子どもの頃からポケモンを見て育ったという岡崎さんの、子どもたちの夢を大切にしたい気持ちが感じられる曲がたくさんあります。歌詞に耳を傾けると、大人でも感動します」(やまさん)

■『サカナクション』

 「ポビュラーでもあり、歌詞それぞれの意味を読み解くことで感受性にも刺激を与える曲が多いから」(kjさん)

このラインナップを見ると、この令和に音楽番組で並んでもおかしくないメンバー。パパのセレクトだとは思えないくらいですよね。

やっぱりはずせなかったパパの洋楽セレクション!

ここまでは邦楽をピックアップしましたが、他にもアニメソングやクラシックといったセレクトもありました。そして!やっぱりこれもぜひ聞いてほしい洋楽!

■『マイケル・ジャクソン』

「This Is It が上映されるまでワイドショーの悪いイメージしかなかったけど、実際に観て感動しました。音楽も歌詞もダンスも、世代を超える説得力があると思うので」(よしむらさん)

■『クイーン』

「カッコイイ!」(パオぞーさん)

■『ディープパープル』

「父親が最も好きなアーティストだから」(かのパパさん)

■『ビル・ウィザーズ』

「映画で流れていて以来、口ずさんだり、ハマっていたから 」(サモアさん)

■『ビートルズ』

 「基本」(はしけんさん)

これぞ王道揃い!そして、全部レジェンド!今どきの洋楽は一切ありません(笑)。そもそも先ほど挙がった日本のミュージシャンもこの辺りに影響を受けていますから・・・はしけんさんも言っていましたが、まさに「基本」ということですね。これがまたさらに次世代まで繋がっていくのは素敵ですね。

さて、最後にどうしても紹介したいスペシャルなセレクトをひとつ。

■『般若』

 「歌詞の意味だけではなく、言葉の音としての面白さを伝えるジャンルだから」(やまもんさん)

最近では、深夜番組で脚光を浴びたラッパーですが、日本のラップシーンで長く活躍してきた苦労人でもあります。今はまた幅広く支持を集めているラップは、これからの世代にも刺激になるのではないでしょうか。

きっと、パパやママの中にも親の影響を受けて好きになった音楽があるという人もたくさんいると思います。こうして幅広い音楽が語り継がれていくんだなと思いました。ぜひ皆さんも参考の上、子どもたちに素敵な音楽を伝えてください!