• 住まい
  • 家事

ステイホームで起こった家事が増える問題!その原因は??

在宅勤務をする人が増えたことで、これまで家にいる時間が少なかったパパが家事に取り組むことも増えてきたという声も聞かれるようになりました。でも、必ずしもそれで家事が楽になったということでもないようなのです。家事シェアの提唱者でNPO法人tadaima!の三木さん!いったいどういうことなのでしょうか?

在宅勤務をする人が増えたことで、これまで家にいる時間が少なかったパパが家事に取り組むことも増えてきたという声も聞かれるようになりました。でも、必ずしもそれで家事が楽になったということでもないようなのです。家事シェアの提唱者でNPO法人tadaima!の三木さん!いったいどういうことなのでしょうか?

夫の在宅時間が長いほど、妻の家事は忙しくなる!?

長く続いたステイホーム期間を終えて、周囲のママたちの声を聞くと、こんな声がありました。

「夫がずっと家にいたことで、毎日が忙しくなってストレスだった」

夫にしてみればなんとも切ない気持ちになりますが、実際、夫への不満は多かったようです。もう少し話を聞いてみると、家にいるパパが何も家事をしなかったのかというとそうでもなさそうです。それなのに、なぜそんな気持ちになってしまったのか?そこにはこんな原因があります。


図:「家事でモメない部屋づくり」より

とてもおもしろい調査結果があります。こちらは「夫の在宅時間が長いほど、妻の家事時間も長くなる」というもの。

まず、上のグラフをみると「家にいる時間が長くなるほど夫も家事をやっている」ということがわかります。しかし、一方では「夫の在宅時間が長いほど、妻の家事時間も長くなる」という矛盾したようにも感じる調査結果があるのです。

本来なら、夫が家事をしてくれた分、妻の家事時間も少しは短くなるはずです。でも残念ながら、夫が家事をした分に加えて、妻はもっと忙しくなっています。

つまり、総じて家庭内の家事時間が長くなっているという事実。

では、なぜそんな現象が起こってしまうのでしょうか?

じつは家事というのは、そのほとんどが「マイナスを0に戻す作業」です。つまりマイナスが少なければ0に戻す作業も少なくて済むということ。たとえば、散らかっていなければ片づけなくていいし、汚れていなければ掃除しなくてもいいのです。

図:「家事でモメない部屋づくり」より

マイナスが増えるほど0に戻す作業は大変になります。子どもが生まれると育児に加えて家事がものすごく大変になります。それは子どもたちがマイナスをめちゃくちゃ増やすからです。

ご飯を食べただけなのに、毎回床掃除までしなくちゃいけないなんてご家庭も多いのではないでしょうか。

このマイナスを夫が知らず知らずのうちに増やしてしまっていることがあります。

夜遅く帰ってきてひとり食べる夕飯の準備や後片付け。飲んで放置されたペットボトルの片付け。使い切ったまま交換されていないトイレットペーパー。内容は家庭によって様々ですが、こうした「痕跡」のようなものが「名もなき家事」としていつの間にか妻を圧迫してしまっているのです。

「片付けてよ」ということ自体が負担

生活をしていれば、家事のマイナスは必ず増えます。それは当然のこと。
だからこそまずはこの自らが生み出してしまっているマイナスに少し敏感になってみる。
マイナスを増やさない、ということも十分に有効な家事シェアです。

この家事のマイナス。色々と種類はありますがもっとも基本的なのは「自分で出したものは自分で片付ける」ということ。

人の物がそこかしこに放置されているのはあんまり心地良いものではありません。「気がついたなら、言ってくれたら片付けるよ」という方もいますが、「片付けてよ」ということ自体が結構な負担になるのです。

そこでおすすめしているのが場所管理という方法。

物の管理はじつは「物自体」よりも「場所」に依存します。つまり「妻が管理している収納に入っている夫の下着は、妻が片付ける」ということ。夫の物だから夫が片付けるのではありません。妻が管理している場所に入っているから妻が片付けているのです。

極端な話、夫しか開け閉めしない場所にある物は夫が自分で片付けをするのです。「自分の物は自分で片付ける」仕組みをつくりたいのなら、その人しか開け閉めしない専用の場所を用意してみましょう。

棚などが難しければ、まずは移動できるカゴなどでもかまいません。自分で管理する場所が増えることで家事に自覚的になる一歩になります。

★教えていただいた内容は三木さんが出版予定の最新刊『家事でモメない部屋づくり』に収録されています。また、そんな本を多くの人に届けるためにクラウドファンディングを実施中です!気になった方はコチラをチェックしてください!
家庭が家族にとって安心で安全な居場所であってほしい。願いを込めて新刊を贈りたい!