• 住まい
  • 料理

チーズパン粉焼き、ナムル、みそ汁!夏野菜ズッキーニの様々な使い方

先日、スーパーで「ズッキーニの食べ方がわからない」と独り言を言った男性に周りのお客さんたちがいろいろな食べ方を教えてくれたというつぶやきが話題になりました。今回は、夏野菜としてすっかり定番となったズッキーニのいろいろな食べ方を紹介します。

先日、スーパーで「ズッキーニの食べ方がわからない」と独り言を言った男性に周りのお客さんたちがいろいろな食べ方を教えてくれたというつぶやきが話題になりました。今回は、夏野菜としてすっかり定番となったズッキーニのいろいろな食べ方を紹介します。

やっぱり定番トマト、チーズとのコラボ「チーズパン粉焼き」

見た目からするとキュウリに似ていますが、実はかぼちゃの仲間に入るズッキーニ。原産はアメリカやメキシコで、夏を中心に出回ります。日本でも長野や宮崎などで栽培されているということです。

油と相性がいいことや、クセがあまりないことが特徴で、いろいろな料理に使いやすく、南仏プロヴァンス地方の郷土料理である夏野菜のトマト煮込み「ラタトゥイユ」で使われることをイメージする人も多いでしょう。

まずは、そんな相性抜群のトマトの味と、チーズを合わせた定番から紹介します。

「ズッキーニのチーズパン粉焼き」

【用意するもの】
*ズッキーニ 15㎝程度の小ぶりなもの1本
*牛ひき肉 100g
*サラダ油 小さじ1
*オリーブオイル 適量
*塩コショウ 少々
*トマトケチャップ 大さじ1
*顆粒コンソメ 小さじ1
*パン粉 大さじ2
*粉チーズ 大さじ1

<作り方>
① ズッキーニを2~3mm程度にスライス。
シリコンスチーマーや耐熱容器に入れてレンジ(600w)で2分加熱。

② 熱したフライパンにサラダ油を敷いて、牛ひき肉を炒めます。
味付けは塩コショウと顆粒コンソメ、ケチャップ。
味がなじめばOK。
③ 耐熱容器に炒めたひき肉を敷いて、その上にズッキーニを並べていきます。

④ 全部並べたら、粉チーズと混ぜたパン粉をまんべんなくかけてから、
パン粉が全体的にしみる程度にオリーブオイルをかけます。

⑤ オーブントースター(1000w)でおよそ8分加熱。
パン粉がカリっとしてきたら完成です。

おそらくズッキーニを食べたことがある人なら想像がつくと思いますが、トマトの味とチーズとの相性はやっぱり抜群。ズッキーニの甘みが引き立ちます。パン粉焼き特有の食感も楽しめる上に、家に常備されていることが多いものを使うので、特別な用意をしなくてもすぐに作れるのがありがたいです。

韓国料理、和食にズッキーニ!

暑い夏ですから、なるべく火を使いたくないという方もいることでしょう。そんな人にぴったりで、食卓にもう一品!という時にオススメなのが韓国料理の定番「ズッキーニのナムル」です。

こちらはとにかく簡単!何せ千切りして、ごま油と中華だし、しょうゆで和えるだけで完成です!調味料の量はお好みで調整してください。

また、千切りは難しいという方は千切りピーラーを使えば簡単にできます。すぐに食べる場合は千切りしたズッキーニを電子レンジ(600w)で30秒程度加熱すれば、しんなりしてよりなじみやすくなります。

さらにもうひとつ。和食にも合うのです!それが「ズッキーニのみそ汁」です。

洋食のイメージが強いズッキーニですが、独特のソフトな食感はみそ汁にバッチリ。こちらは、半円状にスライスしたものを味噌を溶く前に入れるだけ。油揚げとの相性もいいので、ぜひ一緒に入れることをオススメします。

気が付けば、メインにもなるチーズパン粉焼きにナムルとみそ汁。ズッキーニだけで多国籍なコースが出来ました。まだまだ可能性が広がりそうなズッキーニ料理。ぜひいろいろ試してみてください!