• 育児・子育て
  • 健康

夜中に子どもが泣き叫ぶ「夜驚症」(やきょうしょう)とは?

新生児の間、親を悩ませる夜泣き。しかし、それが終わってしばらくしてからも寝ている子どもが突然泣き叫ぶことがあるそうです。これは「夜驚症」(やきょうしょう)と呼ばれるものだそうですが、いったいどういうものなのでしょうか?今回は『祖父母手帳』や『小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK』の著者で小児科専門医の森戸やすみさんに教えていただきました。

新生児の間、親を悩ませる夜泣き。しかし、それが終わってしばらくしてからも寝ている子どもが突然泣き叫ぶことがあるそうです。これは「夜驚症」(やきょうしょう)と呼ばれるものだそうですが、いったいどういうものなのでしょうか?今回は『祖父母手帳』や『小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK』の著者で小児科専門医の森戸やすみさんに教えていただきました。

決して育て方が悪いというわけではありません

夜驚症はそれほど多くの子どもで起きることではないので、知らない人もたくさんいると思います。ただ、夜中に寝ていた子どもが突然起き出して泣き叫ぶような状態になるので、その様子を目の当たりにすると、ほとんどの親は驚いて戸惑うことと思います。

夜驚症が起こるのは主に3~6歳くらいで、男の子が多いと言われます。睡眠障害の一つで、頭は寝ているのに、体が中途半端に起きてしまっている時に起こると考えられています。感情も行動もコントロールできていない状態です。

特徴としては、ただ泣くのではなくて、恐怖でおびえているように見えること、そして話しかけても反応しない、目が合わないといった状態になることです。子どもによっては「天狗が見える」「(今まで大好きだった)クマのぬいぐるみが怖い」などと言う場合もあるそうです。

実際に怖い夢を見ていたケースや、寝る前に何かしらの恐怖を感じたケースなどがあるということですが、全てはそれが原因ともいえないようです。眠る時間などが不規則で睡眠のリズムが崩れていたりすることも要因になる可能性はありますが、決して親の育て方が悪い、ということではありませんので、そこは安心してください。

起こっても慌てない

成長途上の子どもの特性のためで、きっかけもケースによってさまざまなので、確実な対応策はわかりませんが、ほとんどの場合は成長とともにおさまってきます。

起こってしまったときに親ができることがいくつかあります。まずは、子どもが寝る場所について、周りにケガをするようなもの固いおもちゃなどを置いておかないようにすること。泣き叫んでいるときは話しかけても反応しないことが多いので、落ち着いて見守り、ケガをしないように注意することしかできません。

また、日々日記をつけておくこともオススメします。怖い思いをした日だけでなく、楽しいイベントの日でも起こると言われていますが、どんな日に起こっているか、傾向を見いだすことができる可能性があるからです。

出来ればスマホで撮影を

傾向として、起こるとしても一晩に一回、概ね10分以内でおさまると言われています。なので、もしも一晩に何回も起きたり、10分以上続くようなことがあれば、かかりつけの小児科に相談してください。

また、できれば泣き叫んでいる様子をスマホのカメラを使って動画で撮影しておくといいでしょう。病院に行ったときに、お医者さんに状況を正確に伝えることができるからです。実は私も夜驚症の相談を受けたことがありますが、その時はお母さんが撮った動画を見せてくれたので状況がよくわかりました。

スマホは、このように病気などの時に記録として使うことについてとても効果を発揮するのでぜひ活用してください。一方で、こういった不思議な症状が起こった時には、ネットで情報を調べるという人もいると思いますが、不正確な情報や一個人の体験談もあるため、かえって不安になってしまうこともありますので、注意してもらいたいです。

やはり、不安を感じたらできるだけ早くかかりつけのお医者さんに相談するようにしてください。