• 育児・子育て
  • 健康

子どもは寝相が悪い方がいい??

いてっ!と思って目覚めたら並んで寝ていたはずの我が子の足が顔のところに。そんなことありますよね!小さい子どもってなんであんなに寝相が悪いのでしょうか?その原因などをフィジカルトレーナーの櫻井優司さんに伺いました!

いてっ!と思って目覚めたら並んで寝ていたはずの我が子の足が顔のところに。そんなことありますよね!小さい子どもってなんであんなに寝相が悪いのでしょうか?その原因などをフィジカルトレーナーの櫻井優司さんに伺いました!

寝相が悪いのはよく寝ている証拠

寝ている間は浅い眠りにあたるレム睡眠と深い眠りにあたるノンレム睡眠が繰り返されているのですが、体が動くのは深い眠りについているとき。つまり子どもの寝相が悪いのはよく寝ている証拠です。

ノンレム睡眠のあいだでも、特に深い睡眠の時は大脳が休んでいる状態なので姿勢や体の位置を認識することができず、いつの間にか頭と足が反対になってしまったりするのですが、子どもはこの徐波睡眠の時間が長い傾向にあるので、大人に比べてグルグル回りがちです。

体が動く理由はいくつかあります。

一つは溜まった熱を逃がすため。子どもは心拍数や基礎代謝が高く、しかも体の表面積が少ないので、大人よりも積極的に放熱をしないといけません。特に背中などには熱が溜まりやすいので冷たいところを求めてゴロゴロ動くのです。

だからといって大人が使うような、ひんやりするシーツなどを使うことはあまりオススメできません。子どもにとっては、冷えすぎてしまいますし、動くことにも意味がありそれを妨げることになってしまうからです。

寝ている間にストレッチ&リカバリー

子どもが寝ている間に動く目的のもう一つに、昼の間に疲れた体をリカバリーすることがあります。

まず、いろいろなポーズを取ることで、疲れた筋肉やコリをほぐすことにも繋がります。つまりはストレッチをしている状態です。こうすることで筋肉痛を予防する効果もあります。昼間元気に動く子は夜も元気に動く、という傾向なんです。これは大人でも同じ事が言えるので、むしろ寝ている間に動かない、つまり寝相がいいという方は、寝ている間に充分にリカバリーができない状態。なので、朝起きたときにどうも疲れが残っていたり、コリが取れていないということが考えられます。

また、体を動かすことは体液を循環することも促します。これは基礎代謝をアップさせることにも繋がりますし、それによって免疫力アップにも繋がります。その日の疲れを取るだけでなく、体を病気から守るためにも大事だと考えられるのです。

あまりに寝相が悪いと、一緒に寝ている親にとっては大変なこともありますが、あくまでそれは元気な証拠なので、幸せな悩みだと思ってください。