• 住まい
  • 料理

パパでも簡単!冷凍食品のスペシャリストが選んだテッパン冷凍ギョーザ!

味のクオリティの高さがたびたび話題になる冷凍食品。作るのが簡単だからこそ、普段あまり料理をしないパパにとっても強い味方ですよね!収穫の秋を迎え、今回はご飯のおともにぴったりの冷凍ギョーザを冷凍食品の報道に携わって38年になる冷凍食品ジャーナリストの山本純子さんにセレクトしていただきました。

味のクオリティの高さがたびたび話題になる冷凍食品。作るのが簡単だからこそ、普段あまり料理をしないパパにとっても強い味方ですよね!収穫の秋を迎え、今回はご飯のおともにぴったりの冷凍ギョーザを冷凍食品の報道に携わって38年になる冷凍食品ジャーナリストの山本純子さんにセレクトしていただきました。

絶対に外せないキング・オブ・キング「味の素冷凍食品 『ギョーザ』」

<山本さんのセレクトコメント>

冷凍食品エフエフプレスによると年間売上200億円超、年間約1億パックを販売する、まさにザ・キング・オブ・冷凍食品(ちなみに2位商品は売上100億円超で、ニチレイフーズ『本格炒め炒飯』、3位は昨年売上100億円を達成したイートアンド『大阪王将羽根つき餃子』)。

発売50年に近づく超ロングセラー商品。2012年の革新で、油なし、水なしで調理可能となり、人気№1商品の地位が不動のものに。冷凍餃子の世界を超えて、餃子製品のナンバーワンでもあり、パッケージでも「日本一」のギョーザとアピールしています(市販用冷凍・チルド餃子市場2019年度売上金額ベース、味の素冷凍食品㈱ギョーザブランド計)。

この商品のテーマは「永久改良」。常に商品を見直しリニューアルを重ねています。現在は、豚肉も含めて具材全てが国産原料になっています。誰でも、ジューシーで圧倒的においしい、羽根付きのギョーザが簡単に焼ける感動を与えている商品です。

羽根つきギョーザにフタいらず革命!イートアンド『大阪王将 羽根つき餃子』

<山本さんのセレクトコメント>

昨年売上100億円を達成!家庭用冷凍食品ベスト3に駆け上りました。味の素の『ギョーザ』を追いかけ独自の技術開発によって、油いらず・水いらずを実現していましたが、2018年秋に、なんと!「フタいらず」の開発に成功したスゴイ商品です。

フタがいらない、ということは、台所での洗い物が1つ減ります。さらに、焼肉をやっているホットプレートの片隅で羽根つき餃子を焼くことも可能。さらにさらに、パパの活躍の場、屋外バーベキューでも鉄板やアルミホイルを用意すれば、どんどん羽根つき餃子を焼くことができます。カレー餃子、チーズ餃子などバリエーションも魅力。

言わずと知れた外食チェーン『大阪王将』のブランドを掲げた冷凍餃子です。イートアンドは、「大阪王将」をはじめとする外食事業と、冷凍食品・一般食品を製造販売する食品事業の両輪を展開する企業。豚肉使用の外食の餃子とは異なる鶏・豚ミンチを使用している餃子ですが、老若男女問わずパクパク食べられる仕様となっています。

具材は全て国産、そして、2020年秋からは「5フリーマーク」(香料・甘味料・着色料・保存料・化学調味料に頼らず、素材の持つ本来の美味しさを最大限に活用した商品づくり宣言)を付け、安心をも全面に訴える商品にバージョンアップしています。

戦いの舞台は水餃子に!味の素VS大阪王将

<山本さんのセレクトコメント>

まずはイートアンド『大阪王将 ぷるもち水餃子』。
こちらは秋冬の定番、鍋の〆に大人気の水餃子です。名前の通り、皮が『ぷるもち』。伸びのあるもっちり食感がクセになります。しかも、昨年のリニューアルによって、皮に目には見えない細かい溝がついたので、スープの味がしみやすく料理としての一体感が感じられる水餃子になりました。

鍋以外にも、レンジで簡単に解凍できますので、スープの具に、サラダのトッピングにと活用の幅が広い商品です。羽根つき餃子と同じ、「5フリーマーク」を付けた商品です。

水餃子界、期待の新星!味の素冷凍食品『水餃子』

<山本さんのセレクトコメント>

2020年9月に新発売!水餃子の王道を目指して開発された商品です。「冷凍ギョーザの世界を広げていくためには、焼餃子ばかりではなく、水餃子のファンも育てていかなくては」ということで、ギョーザ売上日本一の味の素冷凍食品が、原点から考えて開発した商品です。

味の素冷凍食品が、おいしい水餃子とは?と研究した結論は”厚みと弾力のある皮”がジューシーな具をしっかり包み込んで閉じ込めていること、だそうです。茹で調理、電子レンジ調理兼用。煮込んでも煮崩れません。たれ、醤油などつけずに食べても、しっかりおいしく味わえる水餃子。「耳たぶくらい」と表現する、もちもち、なめらかな食感です。

編集部より

山本さんにセレクトしていただいた冷凍ギョーザを作ってみましたが、いずれも本当においしかったです!味の素の『ギョーザ』は味がしっかりしているので、もはやタレの必要がないくらい。ものすごい勢いでご飯がなくなっていきます(笑)。一方、大阪王将の方は一緒に入っている「特製のタレ」のインパクトも素晴らしい!甲乙つけがたい戦いでした。

また、ありがたいのがパッケージに書かれた作り方の説明。火の大きさについては画像付きとなっていて、とにかく丁寧でわかりやすい!(これは味の素、大阪王将、両方にありました)初めて作る人でも失敗しないようにという配慮が感じられました。

そして、水餃子の方は、お鍋やスープに入れることができるのも魅力ですが、電子レンジでも作れる手軽さは本当にありがたい!時間がないけど一品プラスしたいという時には強い味方になってくれること間違いなしです。焼餃子とはまた違う厚みのある生地が楽しめるという点でも魅力的でした。

さあ、食欲の秋です。おいしいご飯のおともに、手軽でおいしい冷凍ギョーザをぜひ!