• 遊び
  • 子どもの遊び

男の子がいつも「何か」と戦っているのはなぜ?

子どもの行動って本当に不思議。親にとっては面白いと思うと同時に、もう少し落ち着いてもらえないかと思うこともありますよね。中でも男の子を持つパパやママからは「いつも何かと戦っている」という話を聞くことがありますが、これはどういうことなんでしょうか?男の子の子育て本を数多く執筆しているEテレ「すくすく子育て」でもおなじみの大阪教育大学、小崎先生に伺いました。

子どもの行動って本当に不思議。親にとっては面白いと思うと同時に、もう少し落ち着いてもらえないかと思うこともありますよね。中でも男の子を持つパパやママからは「いつも何かと戦っている」という話を聞くことがありますが、これはどういうことなんでしょうか?男の子の子育て本を数多く執筆しているEテレ「すくすく子育て」でもおなじみの大阪教育大学、小崎先生に伺いました。

子どもはなりきり遊びが大好き

前提として、男の子だから、女の子だからといって、それぞれ決めつけるようなことはよくありませんが、保育の現場に関わっている中では傾向があるようには感じます。

例えば、女の子もいつも何かに変身していませんか?くるくると回りながら、自分に魔法をかけて、プリンセスや小鳥になったりしています。私は保育士時代によく家来にさせられていました。

一方で男の子はやはり、ヒーロー系が多いような気がします。仮面ライダーのようなヒーローなどになりきっています。つまり男の子も女の子も性別に関係なく、子どもは自分のなりたいものになり切って遊ぶことが大好きなんです。

男の子は、自分自身を強く、大きく、かっこよく変身させることが多いです。その一番わかりやすい形が「ヒーロー」たちなんでしょうね。パパ自身も振り返ってみてください。ウルトラマンや仮面ライダーになって遊んでいましたよね?言ってみれば、これは普遍的な遊びなんです。

戦うのはヒーローだから

それにしても、なぜ戦いを続けるのかということですが、それはシンプルに「ヒーロー」だからです。

ヒーローの価値は、そこに悪があり、その悪と戦い勝利することです。そのことにより、この日本を、そして世界と地球の未来を救うのです。そのカッコよさに自分を重ね合わせているのですから、そりゃもう戦います。それも半端なく激しく、本気です。

彼らにとっては、それはもはや「遊び」ではなく「仕事」ですからね。あの戦っている時の男の子たちの顔や目を見ればわかると思います。真剣です。自分の世界に入り込んでしまっています。パパやママの顔色や周りの景色も目に入っていませんし、我々にはどんな悪と戦っているかもわかりませんが、それでいいんです。

自分の大好きなものや世界に没頭して遊ぶことは、子どもの特権です。まあ最近は大人でも見かけますが。特に男の子は、自分自身を理想通りの自分に大きく変身させる傾向があります。もちろん個人によってそれは色々な対象物となりますが、やはり悪と戦う正義のヒーローが多いです。

パパ、勝っちゃダメですよ。

ただし、ひとつ気をつけたいのは、子どもはまだ見えない敵と戦う「正義」の部分がよくわかっていないので、単に戦うだけの乱暴者になってしまうことがあります。そんな時はパパが「真のヒーロー」についてぜひ教えてあげて欲しいと思います。強さだけではなく、そこには優しさや気品の高さなんかもありますね。力で悪をねじ伏せるだけではないことはきっと少しずつでも伝わっていくと思います。

それらを踏まえた上で、時にはパパが悪の親玉となって真剣に戦ってあげてください。当然ですが、勝っちゃダメです。最後はやられてあげてください。地球の未来のために!

たくさんの人がいるところで、一心不乱に謎の戦いをしている姿は、ちょっと恥ずかしいと感じることがあるかもしれませんが、どうか優しく見守ってあげてください。