• 特集
  • コラム

対決!パパVS寝相の悪い娘

子どもってなんであんなに寝相が悪いのでしょうか?マンガ家で兼業主夫の劔樹人さんのお子さんもどうやらかなりの寝相の悪さ。でも、たまには結果的にいいこともあるみたいです。

子どもってなんであんなに寝相が悪いのでしょうか?マンガ家で兼業主夫の劔樹人さんのお子さんもどうやらかなりの寝相の悪さ。でも、たまには結果的にいいこともあるみたいです。

我が家の寝室は、子どもが生まれる前から夫婦で寝ていたダブルベッドがあり、その下の床に布団が敷かれている。

うちの子が特にそうだったのかもしれないが、赤ちゃんは無軌道な寝返りがとにかく激しい。

ベッドの上に寝かすのは怖かったので、ベッドの下の布団で添い寝をする方式を採用していた。
しかし、うちの妻はもともと腰痛持ちだったのだが、布団で寝ることが多くなったことでそれが酷くなってしまった。

なのでいつしか、妻がベッドで寝て、私と娘が下の布団で寝るという状態が定着化したのであった。

娘の寝相は、2歳になって多少ましになってきたが、それでもベッドで寝るのはまだ無理な状況だ。

いつも困るのは、旅行へ行った時である。
和室なら何も問題ないのだが、洋室のホテルでは床で寝るわけにはいかない。
ベッドから娘が落ちない対策をする。
ツインベッドなら、ゴリゴリと動かして隙間なくくっつける。
ダブルベッドの時は、夫婦でV字を作って娘の転落をブロックする。
横だけでなく縦にも容赦なく転がるので、挟むだけでは壁が足りない。よってV字になるのである。

一番困ったのは、海外で、ベッドがツインなのに重くて全く動かなかった時である。
仕方ないので、一つのシングル(セミダブル?)に3人で寝るというシャ乱Q的な寝方を試みたのだが、寝る準備をして最後にベッドに向かってみると・・・

まあ落ちそうになりながらも一応寝ましたけど・・・
朝起きたら体が緊張でガッチガチでした。

最近家では、母親と一緒にベッドの上で寝たがることも多くなった。
妻が私を呼ぶ。
「ちょっとパパ、危ないから、こっちにきてくれない」

行ってみると、やっぱり私の寝るスペースはあり得ないくらい狭く設定されているのだが、まあ仕方ないか・・・と娘を挟むように寝転がろうとすると。

なぜか私に下で寝ろと指示してくるのである。
ママが寝るのは上、パパが寝るのは下だとわかっているのだろう。

娘は寝たら下に移すことにして、一人だけ下で寝転ぶ。
いつもより広くて、体がふっと楽になる。

結果、見ようによっては一人だけ下に追いやられているようにも見えるが、ひとり大の字になる心地よさを感じながら目を閉じるのであった。