• 住まい
  • 料理

10月14日は焼きうどんの日!味噌、ちゃんぽん、韓国風!奥深い「ご当地焼きうどん」の世界

10月14日は「焼きうどんの日」!焼きそばに比べると作る機会は少ないかもしれませんが、ボリュームたっぷりで子どもたちも大好き。今回は「焼きうどんの日」にちなんで、様々な焼きうどんのバリエーションに挑戦してみました。

10月14日は「焼きうどんの日」!焼きそばに比べると作る機会は少ないかもしれませんが、ボリュームたっぷりで子どもたちも大好き。今回は「焼きうどんの日」にちなんで、様々な焼きうどんのバリエーションに挑戦してみました。

「焼きうどんの日」は焼きうどん発祥の地として知られる福岡県北九州市小倉のまちおこしの活動をしている「小倉焼うどん研究所」が制定したものですが、実は焼きうどんには地方によっていろいろなバリエーションがあります。B級グルメの大会で注目を集めた岡山県の「津山ホルモンうどん」もそのひとつですが、今回はその様々なバリエーションの中から家庭でも再現できそうなものを実際に作ってみました。

こちらもB級グルメの代表格「亀山みそ焼きうどん」

発祥の地、北九州でも味付けはソースか醤油ですが、やはり多くはその二つで味付けをしています。そんな中、珍しく味噌で味付けをしているのが「亀山みそ焼きうどん」。発祥は三重県亀山市。国道を走るトラックドライバーさんたちの間で人気となり、その後亀山の人たちに広く愛されるようになったということです。

気になる味付けは、味噌といってもそこは東海地方ですから赤味噌がベース。そこに、みりん、酒、砂糖、そして顆粒ダシを混ぜたものを使います。今回、具材は豚肉とキャベツともやしと王道でまとめてみました。

味噌ダレを作った時は、こんなに濃くて大丈夫かな??と思いましたが、全く問題なし!濃厚な赤味噌の甘味は焼きうどんにもバッチリ!本当においしくてあっという間になくなってしまいました。子どもたちにも大好評!これは我が家の定番になりそうです。

その発想はなかった!「ちゃんぽん焼き」

もはや「うどん」という言葉が入っていないので不安に思う人もいるかもしれません。そして「ちゃんぽん」と言えば長崎名物のあの麺料理ですよね。しかし、こちらは兵庫県姫路市周辺で愛されているれっきとした焼きうどんの仲間です。

ご覧の通り、見た目はウスターソースと顆粒ダシで作った一般的な焼きうどんとあまり変わらないのですが、よーく見ると違います。

うどんと豚肉、キャベツにもやし、その他に……中華麺!?そうです。何が「ちゃんぽん」かというと麺が「ちゃんぽん」つまり「まぜこぜ」になっているのです。作っている感覚としては強引に焼きそばと焼きうどんを同時に作って混ぜた感じでした。

麺を混ぜたところで何が変わるのか?そう思うかもしれませんが、意外なほどの新食感なのです。そもそも考えてみれば二種類の麺を同時に口の中に入れた経験なんてほぼありません。おいしさとともに初めての感覚が味わえます。

ちなみになぜ二つの麺を混ぜるようになったのかは全くわからないそうです。

そして焼きうどんは海を越えた。

海外にも焼きうどんがあるんです!場所は韓国の大邱(テグ)。この町の中華料理店にはだいたい「ヤキウドン」というメニューがあるそうです。現地では中華料理店で提供されることが多いようで、味付けや具材は様々だそうですが、もちろんうどんを使って炒めるタイプのものもあるそうです。
そういえば焼きうどん発祥の北九州は韓国に近いので何かしらのタイミングで伝わったのかもしれませんが、はっきりしたことはわかっていないそうです。

今回は具材も牛肉、ニンジン、ニラ、玉ねぎとして、タレは醤油、酒、みりんにすりおろしたニンニクとちょっとだけコチュジャンを混ぜて、韓国風味に仕上げました。具材を炒めている時からニンニクのいい香りがしてきて、仕上げにゴマ油を回しかけると、韓国料理の匂いそのもの。食べてみると口の中に広がる韓国風味がたまらない一品でした!

子どもも食べるのでコチュジャンを控えめに作りましたが、大人は食べる前に追いコチュジャンをして、少しピリ辛にするともっといいかもしれません。

ちなみに、うどんを入れる前に炒めた具材だけを少し取り分けておいたのですが、これはもう完全にプルコギでしたね。なのでイメージとしては「プルコギうどん」といった感じでした。

焼きうどんにバリエーションを出そうしたことがなかったという人もいると思いますが、いろいろなアイデアを探っていくとまだまだ奥深い世界が広がっていることがわかりました。今日は「焼きうどんの日」。ぜひ試してみてください!