• 遊び
  • お出かけ

全国に500店舗以上!スタジオアリスに聞いた!スマホ撮影基本テクニック!

旅行先やお出かけ先で写真を撮ることはたくさんありますよね。そんな時により良い写真を撮るためにはどうしたらいいのでしょうか?今回はこれまで数々の家族の思い出の写真を撮影してきたスタジオアリスの方にスマホで良い写真を撮るためのコツを教えてもらいました!
今や一人一台持っているスマートフォン。旅行やお出かけの時にパッと構えて写真が撮れるのは本当に便利ですよね。でも、良い写真を撮るのはなかなか難しいところです。お出かけ先でカメラマンになることが多いパパ!プロが教えるコツをしっかりと覚えておきましょう!

旅行先やお出かけ先で写真を撮ることはたくさんありますよね。そんな時により良い写真を撮るためにはどうしたらいいのでしょうか?今回はこれまで数々の家族の思い出の写真を撮影してきたスタジオアリスの方にスマホで良い写真を撮るためのコツを教えてもらいました!
今や一人一台持っているスマートフォン。旅行やお出かけの時にパッと構えて写真が撮れるのは本当に便利ですよね。でも、良い写真を撮るのはなかなか難しいところです。お出かけ先でカメラマンになることが多いパパ!プロが教えるコツをしっかりと覚えておきましょう!

目線によって印象は変わる!

写真を撮るときにポイントになるのが“目線”つまりはカメラの高さです。その高さによって効果はどのように変わるのでしょうか?

■ハイアングル 被写体より高い位置

小さい子を撮るときは上からカメラを構えることが多いと思います。子どもの場合、見上げる姿が、いわゆる“上目遣い”的になるのでカワイイのはもちろんですが、上から写すことでパパママの目線で子どもの姿を映すことができます。

■アイレベル 被写体と同じ位置

背景までしっかりと捉えることができるのが特徴。おかげで写真を撮った場所や状況、環境がしっかり残ることがいいところなので、バランスよく写せるように心がけましょう。特に旅先など印象的な場所で撮るときにはオススメです。

■ローアングル 被写体より低い位置

まず背景が空や木などとなることでその時の天気や季節感を出すことができ、印象的な写真を撮ることができます。また子どもは集中して遊んだり作ったりしているときは下を向くことが多いので、下から撮ることで表情をしっかりと押さえることもできます。

グリッド線で三分割構図

写真を撮るとき、一番撮りたい物を真ん中に置くことが多いと思います。これを“日の丸構図”といってもっともオーソドックスな構図ではあるのですが、よりバランスがいい写真になるのが“三分割構図”文字通り、縦横三分割してその交わる点に被写体を置くことでバランスのいい写真になります。とはいえ、上手に三分割するのは難しい・・・。そんなときに使えるのが“グリッド線”機種によって違いますが、多くのスマホにはグリッド線を表示する機能がついていて、撮影するときに三分割構図を意識できるようになっていますのでぜひ使ってみてください!

大きい建物をしっかりと入れるには?

観光スポットに行くと、建物など大きなものと記念写真を撮ろうと思うのですが、どうしてもうまく撮れない。そんなことありませんか?人を大きく撮ろうとすると建物が入らなかったり、建物を全部入れようとすると人が小さくなってしまう。そんな時は人の立つ位置を変えてみてください。人はカメラの近く、建物は遠く、こうすることで人も大きく写りますし、背景の建物もちゃんと入るのです。

最後に、パパに朗報!奥さんをキレイに撮影するためのコツを覚えておきましょう!スマホのカメラには広い範囲を写すことができる広角レンズが使われていることが多いです。そして広角レンズには“近くにあるものを鮮明に”“遠くのものが小さく見える”という特性があります。なので、奥さんを撮るときはアップの時は上から撮ることで目の辺りが強調されつつ顎のラインがシャープに見えます。反対に全身を撮るときは下から撮ると、足が長く見える写真が撮れます!“アップは上から、全身は下から”これも覚えておいてください!

<スタジオアリス>
七五三、卒園・卒業、入園・入学、お宮参り、百日祝い(お食い初め)など家族にまつわる様々な記念写真撮影ができる家族に大人気の写真館。全国に500店以上を展開し、たくさんのファンを持つ。

スタジオアリスオフィシャルHP:https://www.studio-alice.co.jp/

お出かけ時やお子さまの日々の成長など、スマホで撮った写真を、簡単に可愛く整理して残せるスタジオアリスが提供する写真で残す成長記録アプリ「グロースナップ」:
https://growsnap.family/