• 育児・子育て
  • 健康

ポップコーンや呼吸法、エクササイズも効果的!?家族の健康を守る腸活のススメ

健康的な腸の環境を整えるための活動「腸活」という言葉。聞いたことはあるけど、何をしたらいいのかわからないという人もいると思います。今回は先日行われた「腸会議2020~ながら腸活のススメ~」の中で語られた、腸を整えることでどんないいことがあるのか?そして、具体的にどんなことをすればいいのか?など腸活について知っておきたいことをお伝えします。

健康的な腸の環境を整えるための活動「腸活」という言葉。聞いたことはあるけど、何をしたらいいのかわからないという人もいると思います。今回は先日行われた「腸会議2020~ながら腸活のススメ~」の中で語られた、腸を整えることでどんないいことがあるのか?そして、具体的にどんなことをすればいいのか?など腸活について知っておきたいことをお伝えします。

コロナ禍の今こそ腸の環境を整えるべし

「腸会議2020~ながら腸活のススメ~」は、働く女性の健康増進を支援する共創プロジェクト「HERSELF女性の健康プロジェクト」の発足記者発表会とともに行われました。
コロナ禍で家に居る時間が長くなり、ストレスや運動不足を感じている人が増えている現状を踏まえ、特にストレスの影響を受けやすい腸の環境を整えることが、健康を維持する上で不可欠であるという背景から実施されました。

2020年8月にジャパンフリトレー株式会社が行った腸活に関する調査によると、この新生活で体重の増加や、お腹の不調を感じている人が多く、女性を中心に免疫力や腸活への関心が高まり、女性の半数はなんらかの腸活に取り組んでいるそうです。しかしながら女性に比べると男性は腸活への意識も低く、知識も少ないそうです。

腸の健康は女性だけでなくパパも含めた家族みんなに重要なことなので、パパコミとしては男性にも知ってもらいたいと思います。

腸活は睡眠改善にも役立つ!

実際に、腸活を行うことで腸内環境が良くなると、どんなイイ効果があるのでしょうか?

トークセッションに参加したイシハラクリニック副院長 石原新菜さんはその幅広い効果を語りました。

石原「調査では、腸活に『ストレス軽減』『基礎代謝力アップ』『免疫を正常な状態に戻す』などのイメージがあると分かりましたが、どれもちゃんと効果があります。

例えば『ストレス軽減』に関して。
体内のセロトニンの約95%は、腸でつくられています。腸内でつくられたセロトニンの作用は、末梢神経に伝わり、腸のぜんどう運動などに作用するので、ストレスを感じて腸内環境が悪化するとセロトニンの分泌がうまくいかなくなり、脳がストレスを感じやすくなってしまいます。このことから腸活が『ストレス軽減』に効果があると言えます。腸活をすることで睡眠の質が良くなることも期待できます。眠れないことで体調を崩したり、イライラしたり、そういうことがないようにするためにも腸活は重要です。

『基礎代謝力アップ』に関しては、腸内環境が整うことで便秘が改善され、代謝が上がります。

『免疫を正常な状態に戻す』という部分では、乳酸菌やビフィズス菌には免疫力を高める効果があります。また、便秘が改善され、デトックスすると美肌になる効果もあります。腸内環境はこれらのこと全部につながっていると言えます」

腸の環境を整えるだけで、睡眠にも効果があるとは・・・これはもう性別、年代を問わず大事なことですよね。

カギは食物繊維!食事で腸活!

腸内環境を整えるとなれば、やはり重要なのは食生活。トークセッションに参加した料理研究家の和田明日香さんは食物繊維のことを強く意識しているそうです。

和田「いろいろなことを学んでいく中で食物繊維は5大栄養素に継ぐ第6の栄養素というくらい重要性を感じています。厚生労働省の調査だと、一日の摂取目標量は男性21g、女性18gのところ、現状は全ての年代で不足しているそうです。料理をする立場でも、食物繊維がたくさんとれる料理を作るのはなかなか難しいですよね。

とはいっても、腸がストレスの影響を受けやすいことを考えれば、食物繊維をとらなきゃと思いすぎるのがかえってストレスになってしまったら、それもよくないですよね。ポップコーンには食物繊維が豊富でゴボウや玄米よりも多いんですよね。一生懸命、料理で食物繊維を取ろうと努力してきたのですが、え、ポップコーンでいいの?という感じですよね。そう思ったら気が楽じゃないですか。おやつなどでとりいれることから始めると楽しく続けられるのではないかと思います」

今回のイベントでは、そのポップコーンなどを使った腸活レシピも提案されました。その中の一つ「ポップコーンたまごサンド」を試食した和田さんは絶賛!

和田「これ、混ぜるだけですよね?歯ごたえがしっかりしている。(ポップコーンの)バター醤油の香りがいいですね、子ども受けも良さそうです!パクらせていただきます(笑)」

※当日イベントで提案されたポップコーンを使ったレシピは、コチラのサイトで公開されています。

腸にイイ呼吸は「1:3」!腸活エクササイズに挑戦!

運動をすることもまた腸の環境を整えることにつながるといいます。その効果や、どういったエクササイズをすることがオススメなのか、イベントではティップネスのフィットネスインストラクター 福池和仁さんが紹介してくれました。

福池「我々のジムでもよくコロナ太りという言葉を聞きます。コロナ太りを防止するには有害な物質や老廃物を体外に排出する、いわゆるデトックスがとても大事になってきます。

デトックスというと運動して汗をかくことがいいというイメージがあると思います。しかし、フィットネスインストラクターとしてはちょっと残念なんですが、実はデトックスの75%が便、20%が尿、3%が汗となっているんです。運動で汗を流すだけことは健康を維持する上でもちろん大切なんですが、デトックスで一番大切なのは腸を健康にして便秘や下痢にならないための習慣作りなんです。

フィジカルな面で便を排出する腸の蠕動(ぜんどう)運動を活性化させるには、おなか周りの筋トレが必要です。また、副交感神経を刺激して、リラックスする時間をつくることも大切です。緊張や興奮は腸の動きを悪くしてしまうからです。運動と同じように呼吸もとても大事で、『1対3呼吸』をおすすめしています。『吸って、吐いて、吐いて、吐いて』これを耳に指を入れながら行うだけでリラックスして楽になります。腸の蠕動運動は瞑想神経と関係していると言われているのですが、その瞑想神経は耳に繋がっているからです」

イベントでは、福池さんによる「ながら腸活エクササイズ」も紹介されました。例えば、立った状態から足をクロスさせて、腰骨の辺りの腸を刺激しながらお辞儀をするように前屈する動きが腸にいいそうです!

腸を健康に保つことはメンタルにもフィジカルにもよく、本当に大切ですよね。忙しい中ではなかなか取り組めないと思っている人でも、それぞれのライフスタイルに合わせて、できる範囲のことからはじめてみてはいかがでしょうか?

取材協力:HER-SELF女性の健康プロジェクト

女性個人と働く環境を整える企業の双方へのアプローチで、健康と経済に貢献するために2020年9月に発足したプロジェクト。発足時のオフィシャルパートナーはジャパンフリトレー株式会社、帝人株式会社、株式会社ティップネス、ポッカサッポロフ―ド&ビバレッジ株式会社の4社。今後、働く女性の健康を考えるための取り組みを行っていく予定。