• 仕事・お金
  • キャリア

育休は自分のブラッシュアップチャンス!〜育休日記【Part7】

大好評!育児休業を取った男性のリアルを伝えるシリーズ連載「育休日記」7回目!初めての育休で“平日昼間問題”という予想外の問題に直面した橘信吾さん。いったいどのようにしてその問題を乗り切ったのでしょうか?

大好評!育児休業を取った男性のリアルを伝えるシリーズ連載「育休日記」7回目!初めての育休で“平日昼間問題”という予想外の問題に直面した橘信吾さん。いったいどのようにしてその問題を乗り切ったのでしょうか?

パパコミを利用している皆さん!橘です。
 
これまで育休で大変だったことが中心になっていて、読んでいるうちに「育休なんて取らないほうがいいんじゃないか・・・」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、そんなことはありません!まだこの後、続きがあって、ちゃんといいところもわかってくれると思いますので、もう少し我慢してください(笑)
 
とくに今回は、育休で得ることができたと感じたものについてお伝えします。
 

引きこもり厳禁!とにかく街へ出よう!


 
育休を取ったことで直面した“平日昼間問題”会社から離れたことで孤独感に苛まれ、しかも街中には男性がいないことでさらにそれが加速。このままではずっと家の中にいたほうがいいのかもしれないと思ってしまうところかもしれませんが、ここで考え方を切り替えて、今しかできないことをしようと動き出したのです。
 
子どもと一緒に公園に行ったりすることはもちろんですが、もう一つ、時間があるからこそ行けるセミナーなどに足を運ぶようになったのです。特にその時まさに直面していた“ワーク・ライフ・バランス系”のセミナーには頻繁に行くようになりました。
 
幸い育休中は妻と二人で子育てしていたこともあって、調整すれば時間を取ることもできました。だからこそ、この時期に自分をブラッシュアップすることを目的にセミナーには80回以上参加しました。
 
セミナーでは、育休中だからこそ響く言葉もたくさんありました。そして自分の働き方や生き方を考える機会となったことで、仕事に復帰した後、仕事の仕方をかえ、時間あたりの生産性を高めることを意識し、定時退社できるようにつながったと思います。

類は友を呼ぶ!?パパ友たちの存在


 
こうしてセミナーなどに行くことにはもう一ついいことがありました。
 
それがパパ友たちとの出会いです。私が所属するNPO法人ファザーリング・ジャパンの仲間はもちろん、この時期に多くのパパ友やママ友と出会いました。出会い方は様々ですが、これも積極的に外に出たからこそ。
 
中にはセミナー会場で同じように育休中の人に出会うこともありました。やはり同じような環境で過ごしていたり、その経験をしたことがある先輩たちに出会うことは、思いを共有できたり、分かってもらえることもあるので孤独感は軽くなります。
 
まさにこれが「平日昼間問題」の特効薬でした。
 
彼らと友達になれたからこそ、育休がここまで充実したものになったと言っても過言ではありません。
 
パパ友は、会社の同僚でもなく、学生時代の友達でもなく、社会人になってからできた友達ともまた違いなんとも不思議な存在です。仕事抜きで付き合うことができ、かと言って、皆さんビジネスマンなので多くの刺激を得ることもでき、貴重な存在なのです。
 
息子たちが巣立っても仲良くしていきたいと思います。

夫がブラッシュアップ!その時、妻は?

私がこうして育休ライフを楽しんでいる間、妻は何をしていたのか?と気になる人もいると思いますが、実は妻もまたセミナーなどに参加しブラッシュアップに努めていました。
 
そもそも私たちは“ワーキングカップル”を目指していたので、妻に働いていただくことなくして、未来はありません。
 
働くためには、履歴書を書いたり、美容院に行ったり、面接に行ったりと就活をしなければなりません。
そのためには子どもの預け先が必要となり、一時預かりのサービスなどもありますが、なかなか都合よく予約が取れないという話を聞くことも多いです。とくに面接となると急遽日程が決まることが多くて特に大変です。
 
しかし、私が育休中だったので、子どもを預ける必要はありません。この頃にはそれなりに家事や子育てのスキルもついていたので、妻は、セミナーや面接に一人で出かけることができるようになっていたのです。面接の練習相手になることもできました。
 
その甲斐あり、無事に妻は就職することができました。
手前味噌ではありますが、最大の妻のキャリア支援になったものと自負しています。
 
盛りだくさんの内容ですが、育休中は、インプットの機会も多く、刺激的な期間でした。今振り返っても、ワクワクすることばかりで、今までの人生の中で最高の幸せ期間でした。
改めて取得させてくれた妻、息子、周りの皆様に感謝感謝。
 
さあ、長くなりましたが、ようやく1回目の育休のお話が終了しました。今度は2回目の育休の話!1回目の反省はちゃんと活かすことができたのか?お楽しみに!