• 育児・子育て
  • 健康

コロナ?インフル?溶連菌?冬の感染症を見分ける目安

新型コロナウイルスへの感染が心配な今年。冬の時期になると、インフルエンザや溶連菌といった他の病気への感染も心配です。そこで今回は『祖父母手帳』や『小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK』の著者で小児科専門医の森戸やすみさんに、子どもの体調が悪くなった時に、どの感染症になったかを判断する目安を教えていただきました。

新型コロナウイルスへの感染が心配な今年。冬の時期になると、インフルエンザや溶連菌といった他の病気への感染も心配です。そこで今回は『祖父母手帳』や『小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK』の著者で小児科専門医の森戸やすみさんに、子どもの体調が悪くなった時に、どの感染症になったかを判断する目安を教えていただきました。

年間通して心配な溶連菌感染症

子育てをしていると、多くの人が一度は名前を聞くであろう「溶連菌感染症」。

これは、A群溶血性連鎖球菌が、咽頭や扁桃などで炎症を起こす感染症です。熱が上がり、体に赤い発疹が出たり、喉が腫れて痛みが出たりします。イチゴのように舌が赤くなる「苺舌」が特徴です。ご家庭でも、スプーンなどで優しく舌を下に押さえて、懐中電灯などで照らすと、喉を見ることができますが、そこで喉が真っ赤に腫れていたら、溶連菌感染症を疑っていいでしょう。

治療は解熱鎮痛薬と抗菌薬を使います。抗菌薬を飲み始めて24時間後、熱が下がるまでは、登園もできません。また、熱が下がっても抗菌薬は指示通りに飲み続けてください。途中で止めてしまうと治りきらない場合があります。

熱の上がり方とその他の症状がカギ

新型コロナもインフルエンザも溶連菌も、多くの場合、発熱するという症状は共通しています。

熱の上がり方や高さに特徴があるのが、インフルエンザです。まず急激に高くなります。お昼にちょっと体調が悪いかな、くらいだったのが夕方や夜になるともう39度!そんな時はインフルエンザの疑いがあります。また、その体温も、新型コロナや溶連菌では38度程度までしか上がらないことがほとんど。39度や40度といった高熱は、やはりインフルエンザの可能性が考えられます。

溶連菌の場合は、先ほども書いたように、喉の腫れ具合で目安がつきます。食べ物を飲み込みにくそうにしている、もしくは子どもが喉が痛いと言っている場合は、喉をチェックしてみてください。真っ赤に腫れ上がっていたら、溶連菌感染症の疑いがあります。

新型コロナに関しては、まだわかっていないこともたくさんありますが、嗅覚や味覚に異常を感じるケースが多いようです。味の濃いジュースなどを飲んでも、味がしないと言っていたら新型コロナの疑いがあるかもしれません。

予防法は基本的に同じ

新型コロナもインフルエンザも溶連菌も、主な感染経路は飛沫です。一般的に言われている、手洗いの徹底や密を避けること、マスクなどで飛沫が飛ばない工夫をすることが予防の基本になりますが、家庭内では距離を取ることや、マスクをつけるのはなかなか難しいですよね。

簡単にできるのは、換気。寒い時期は辛いですが、数時間に一回は窓を開けて換気をするようにしてください。また、飛沫の量は声の大きさに関係しているので、子どもは難しいかもしれませんが、大人は少し気を遣って、小さめの声で話すようにしてください。

ダブル流行の恐れは?

診察をしていて感じるのは、感染症に関して、今年はこれまでと違った傾向があるということです。夏の代表的な感染症である、手足口病やプール熱の患者をほとんどみていません。また、インフルエンザも例年ならちらほら見かける10月になってもほとんどみていません。それ以前に例年、日本よりも前に流行する南半球での流行もありませんでした。

これが新型コロナの影響なのかはわかりませんが、少なくともいろいろな意味で異例の流れになっています。

また、感染症の歴史を振り返ってみると、2つ以上の感染症が同時に流行したケースはないために、一部で懸念されている新型コロナとインフルエンザの同時流行はしないのでは?という見方もあります。

いずれにしても、あらゆる感染症について、今後の流行がどうなっていくか、注意が必要です。予防を万全にし、体調が悪いと感じたら、躊躇せずに医療機関にかかるようにしてください。