• 育児・子育て
  • 家族のこと

年末年始でも大丈夫!? 産後の事務手続きをするパパが知っておきたいこと

出産は赤ちゃんを産むだけでなく、産まれた赤ちゃんが社会で生きていくためのいろいろな事務手続きが必要になります。出産という大仕事を終えたママに休んでもらうためにも、ここはパパの出番です!今回は産後に行う手続きにどんなものがあるのか?また、その時の注意した方がいいポイントについてまとめました。

出産は赤ちゃんを産むだけでなく、産まれた赤ちゃんが社会で生きていくためのいろいろな事務手続きが必要になります。出産という大仕事を終えたママに休んでもらうためにも、ここはパパの出番です!今回は産後に行う手続きにどんなものがあるのか?また、その時の注意した方がいいポイントについてまとめました。

産まれてから準備をするのは大変

まずは、産後の事務手続きの基本情報からおさえていきましょう。

赤ちゃんが産まれた時、全員がしなければいけない手続きは5つ。
① 出生届の提出
② 乳幼児医療費助成の申請
③ 児童手当の申請
④ 健康保険証の発行
⑤ 出産育児一時金の申請

さらに、会社員の場合には「出産手当金」や「育児休業給付金」の手続きなどがあり、また、未熟児の場合は「未熟児養育医療給付金」、医療費が高額になった場合には「高額療養費の助成」や「医療費控除」の申請が必要になるケースもあります。

このうち、1~3は、役所で行うことになります。なので、できれば、出生届を提出する時に同時に済ませておきたいですよね。(出産育児一時金は多くは病院で手続きをすることができますが、場合によっては役所での手続きが必要になる場合もあります)

健康保険証は、1ヶ月検診の時に必要になります。社会保険の場合は、勤務先や社会保険協会が届け出先となりますが、国民健康保険の場合は住んでいる自治体の役所になりますので、自営業の方などは、これも同時に手続きをした方がベターです。

児童手当は、申請した月の翌月から受け取ることができます。申請が遅れるとその分の手当が受け取れないことがありますので、ご注意ください。

どうですか?結構やるべきことはたくさんありますよね。

産まれた直後は、勤務先をはじめいろいろなところへの連絡など、バタバタすることも多いので、できれば産まれる前にリストを作って、記入できるものは記入しておきましょう。

また、パパママどちらかが会社員の方は、健康保険証をはじめ勤務先によって提出する書式や用意するものが違う場合があるので、できれば出産前に、各所に確認をしておきましょう。

遅れると罰金!? 全ては出生届からスタート!

赤ちゃんが産まれたら、最初の手続きは出生届を出すこととなります。これは生後14日以内に提出することが法律で決まっていて、事情によっては必要な書類を出せば遅れても大丈夫ですが、うっかり遅れてしまったときには、「過料」つまり、罰金を払わなければいけない場合があります。

出生届の用紙は役所にありますが、「出生証明書」と一体になっていて、出産に立ち会った医師または助産師に記入してもらう必要があるため、出産した病院や産院でもらえることも多いです。自分で用意すべきかどうか、事前に産院や病院に確認しておきましょう。

提出先は「子どもの出生地、本籍地または届出人(父または母)の所在地の市区町村役場」となっています。つまり里帰り出産の場合は、出産した自治体で提出しても大丈夫です。ただし、その場合、所在地の自治体の役所に転送されるので、タイムラグができてしまい、他の手続きと同時に行うことができない場合や、児童手当の申請が遅れてしまう場合もあるので、ご注意ください。

ちなみに、出生届は、婚姻届と同じく365日、24時間受け付けています。(時間外の場合は「預かり」という扱いになります)なので、これから年末年始に出産を控えている人もご心配なく。

出生届で最も重要なものが子どもの名前です。これが決まっていないと提出できません。そうなると住民票も発行できないので、とにかく名前は早めに決めるように努力してください。(それが一番難しいのですが・・・)

また、勤務先に「出生届書記載事項証明書」を提出する必要があるケースがあります。これも出生届を出してからになりますので、出生届は早めに出しましょう。ちなみに出生届を出したときにもらい損ねて困ったというケースもあるようです。住民票などで対応してくれるケースもありますが、事前に確認をしておくことを忘れないでください。

印鑑も忘れずに!

出生届をはじめ、様々な事務手続きをする際に、書類以外で持っていく必要があるものもおさえておきましょう。

■身分証
■母子手帳
■印鑑

身分証はそれぞれの手続きで提示が求められます。運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど、できれば写真がついている身分証を持って行くことをオススメします。また母子手帳もまた、様々な手続きで必要となりますので、しっかり預かっていってください。

印鑑は、基本的にシャチハタ以外。認印として押印することもありますし、もしも書き間違えをした時に、訂正印として必要となるケースもありますので、手続きに行く際は必ず持参しましょう。(2020年12月現在では、認印が必要ですが、今後必要ではなくなることも考えられますので、これも事前に確認しておいた方がいいでしょう)

最後に。
まさに年末にあたる12月27日に次女が誕生したパパコミ編集長の体験からアドバイス。年末年始でも出生届を出せることは知っていましたが、いろいろな手続きを一気に行うため年が明けてから役所に行って手続きを行いました。

このとき、そういえば保育園の申請ってどうだったかな?と軽い気持ちで保育課に行ったら・・・

「4月入園の申込みは明日までですよ」

と言われてビックリ!大至急ママの勤務先などに連絡をして書類をかき集め、申込みをした経緯があります。自治体によって違うと思いますが、保育園の入園申請など、思わぬタイミングで締め切りがある場合もあります。こちらも事前に確認をしておきましょう!

出産直後に行う手続きは、どれも我が子が社会で暮らしていくために大切なものばかりです。事前にしっかりと準備をして滞りなく行えるようにしてください!