• 住まい
  • IT・家電

家電メーカーに聞く!上手な加湿器の使い方

もともと湿度が低い上に、エアコンを使うため乾燥してしまう冬は加湿器が欠かせません。今回は、そんな加湿器の効率的な使い方について、家電メーカー、パナソニックの広報の方に教えていただきました。

もともと湿度が低い上に、エアコンを使うため乾燥してしまう冬は加湿器が欠かせません。今回は、そんな加湿器の効率的な使い方について、家電メーカー、パナソニックの広報の方に教えていただきました。

まずは湿度の基本情報。

まず、部屋の湿度について。湿度は高ければ高いほどいいと思っている人がいると思いますが、そんなことはありません。理想的な湿度は40%~60%。40%以下で乾燥している状態だと、ウイルスなどの菌が活発になりやすくなりますが、反対に60%以上で湿度が高すぎる状態になると、今度はカビやダニが発生しやすくなってしまうのです。

つまり、まったく加湿しないこともよくないのですが、つけっぱなしにしてしまうことも問題。特に寝室で寝るときなど、広さがなく、換気されない状況の時は注意が必要です。タイマーをつけるなど、湿度が高くなりすぎないように工夫してください。

ただ、最近では、部屋の湿度を感知する「湿度センサー」を搭載しているモデルもあります。この場合、センサーが湿度を感知して運転するので、乾燥しすぎたり湿度が高くなりすぎたりすることを避けられます。

また、加湿器のタイプは4つあります。

まず、ヒーターで水を加熱して蒸発させ、その湯気をファンで空気中に放出して加湿する「スチーム式」。イメージとしてはお湯を沸かして蒸気を出すことで湿度を上げる感じです。
すばやくうるおうことや、加熱するため雑菌を空気中に放出しませんが、ヒーターを使うので電気代は高くなります。また、結露に繋がる可能性も考えられます。

次に、超音波の振動によって水を霧状にして、ファンで空気中に放出して加湿する「超音波式」。こちらは霧吹きのようにミストをつかって湿度を上げるイメージです。ヒーターを使わないので消費電力が少なく、電気代が安いことが特長。ただし、除菌機能がないモデルは、水中の雑菌も空気中に放出してしまいます。

続いて、水を浸透させたフィルターにファンで風を当てて、気化させながら加湿する「気化式」。こちらは、濡れたTシャツに速い風をあてて湿度を上げるイメージです。
雑菌を放出しない上に、ヒーターを使わないので電気代は抑えられますが、大量の風で加湿するので、運転音や本体のサイズが大きくなります。

最後に、気化式と同じ仕組みですが、ヒーターで温めた風を使う「ハイブリッド式(加熱気化式)」です。こちらは基本的に気化式と同じですが、ヒーターを使うので電気代は高くなります。

できれば避けたい場所はどこ?

置く場所について。まずはどのタイプでも共通しているものから説明します。

理想的な置き場所は、フラットな壁の前。できれば30cmほど離したところです。一方で、できれば避けて欲しいのは以下の4つです。

■窓の近く
湿気によって、窓に結露が起こりやすくなります。
■精密機器の近く
テレビなどの精密機器にとって水分は大敵。近くには置かないようにしましょう。
■部屋の出入り口や換気扇の近く
これはせっかく加湿器が放出している水分が出て行ってしまうので、避けた方が効率よく湿度を上げることに繋がります。
■カーテンの近く
カーテンは水分を吸ってしまうので、効率も下がりますし、カビの心配もあるので、できれば近くは避けた方がよいでしょう。

また、湿度センサーがついている場合に避けた方がいい場所は、エアコンの風が当たる場所。これは湿度センサーが誤作動を起こしてしまう可能性があるからです。

そして、先ほど説明した4つのタイプによって、置く高さを変えた方が効果的です。


※パナソニックのHPより

それぞれのタイプで、空気中に放出される水分の大きさが違います。水滴のまま放出される超音波式やスチーム式は、遠くまで飛ばずに落ちてしまうので、台の上など少し高いところに置くことをオススメします。気化式は水分が非常に小さな粒子になるので床に直接置いても構いません。

選ぶ時はワンサイズ上の広さのものを

購入する時は、カタログなどに書いてある部屋のサイズに対応したものを選べば、基本的に間違いありません。

しかし、できれば、ワンサイズ上の部屋に対応したものをオススメしたいです。大きいサイズの方が、ジャストサイズのものよりもパワーがあるため、短時間で目的の湿度にすることができます。つまり余裕を持って運転ができるのです。

特に今年は、冬でも換気をすることが増えると思います。そこで、換気をして部屋の湿度が下がったときに、スピーディに湿度を上げてくれるものの方がオススメなんです。

ちなみに、今パナソニックで人気なのは「FE-KXT07」のナノイー搭載タイプ。こちらは性能もいいですが、花粉をはじめとするアレル物質や、空気中のさまざまな汚染物質に、効果があるイオン「ナノイー」が搭載されていて、フィルターを清潔にキープできることや、お肌の水分量が上がりうるおうことなどが好評です。(※一部店舗で在庫がない場合があります)

冬の時期に欠かせない加湿器。迷った時は家電量販店の店員さんのアドバイスを聞きながら、ご家庭のサイズやニーズに合わせてお選びください。

協力:Panasonic